今週の景気指標スケジュール:6月14日~

投稿者: whitegru3

今週は2つの住宅関連の指標が発表される。火曜日の全米住宅産業協会(NAHB)の住宅建築業者信頼感指数と水曜日の住宅着工である。

火曜日には6月エンパイヤー・ステート)NY州製造業サーベイが7:30(Chicago 時間)に発表される。コンセンサスは5月から若干の上昇。それに6月NAHB住宅建築業者信頼感指数が9時に発表される。コンセンサスは5月の水準と変わらず。

そして火曜日にはセント・ルイスFedのJames Bullardが『資産バブルについて深刻になってきていると、マネタリー政策』について5:15AMに香港から話をする。

水曜日は7:30に5月住宅着工が発表される。コンセンサスは4月の672,000から3.3%減少し650,000(季節調整年率)となっている。4月の住宅許可件数の急激な減少から予測して、5月にはさらに下落が予測されている。そして7:30には労働省から5月PPIが、コンセンサスは0.5%下落が予測されている。

さらに水曜日にはMBAがモーゲージ購入申請件数インデックスが発表され、この指数は税金控除の期限切れご住宅販売の急激な下落を示唆している。そして8;15にはFedが5月鉱工業生産と設備稼働率を発表予定で予想は生産高は1%増で設備稼働率は74.5%へ上昇。(2008年末以来の高い水準)

木曜日に5月消費者物価指数(CPI)が7;30。コンセンサスは0.2%下落。そして新規失業保険先生件数でコンセンサスは先週の456,000から450,000へ下落。そして9時にフィラデルフィアFedサーベイと景況先行指数。

金曜日には労働省が5月の地区別、州雇用と失業率を発表する。

広告