月曜日6月14日(晴れ 73F午後から雨)

投稿者: whitegru3

週末に特に大きなニュースもなく、ユーロ、ポンドは堅調。英国ではOffice for Budget Responsibility(OBR)という新規に設立した機関が英国の新保守党-自由主義民主党連立政権から独立したもので、この期間の役目は驚くほろど楽観的に見られている公式の財政、経済の見通しの見直しをすることである。そして以前労働党が出していた2011年の経済成長を3.25%から2.6%へ引き下げた。より弱い経済成長の予測と言うことは低い税収と増税を設置する大きな必要性があるそして英国財政を修正するために支出削減を成し遂げなければいけない。

格付け会社のMoody’sが大手欧州銀行のいくつかの統計をとり”ストレス・テスト”を実施した。ギリシャ、ポルトガル、スペインへの民間ローン、ソブリンと公共セクターへの負債の両方へのエクスポージャーについての統計であった。その結果現在の資本水準ではどうにか処理できるという結論を出した。

そしてもう一人FedのBullardが『強いグローバル経済の回復がやってくる。欧州負債混乱からは道を反らされず、中国の資産バブルの崩壊の可能性はない。』とコメントしている。

ここまでが良い話、週末のNY TimesにはGeorge Sorosが金融危機の終わりは程遠い、そして逃げ口として金を買い増していると書いてあった。

そしてWilbur Rossは更に進んで欧州問題はこれから始まる。欧州で勢いを増す経済緊縮パッケージは欧州圏の問題悪化させるだけだと言っている。

今日はシカゴいい天気だが午後から雨で明日は大雨予報。。。。

広告