スペインがもうすぐドイツとフランスの銀行にとって問題になる。

投稿者: whitegru3

ECBは硬くここの銀行のストレス・テストの結果を発表することを拒んでいる。そしてそれには妥当な理由がある:いくつかのドイツとフランスの銀行は健全からは程遠い

非常時に非常対策を生み出している。スペイン企業は国際クレジット市場から押し出されている。その銀行はECBから資金を調達している。

スペインの官僚たちはすべて見当違いの偏見であると思っている(それはまったく正確ではない、スペインの貯蓄銀行、Cajas、はECBのストレス・テストの対象になっていないのは、丁寧な言い方では。やや問題である。過去数週間に救済と強制的合併を目撃した)よってスペインはECBを無視し、特定のスペインの銀行の結果を公開することに決意した。

しかしなぜそれが成功するのだろうか?最初にFitchによるスペイン国債の格下げでスペインへの圧力が高まった。それはFitchが厳しい緊縮政策により税収が減ると見ているからで、これでスペインのクレジットリスクを悪化させる。これは銀行にも影響を及ぼす。それは連邦政府がスペインの銀行システムを援助しているからである。しかし警告の大きな理由は緊縮政策が事実財政危機を悪化させるかもしれないという考えを有効ににしたことで、経済低迷は民間セクターの信用価値にもよくないということ。

2つ目に、もうかなり知られていることで、スペインの銀行はECBのコラテラルファシリティーをかなり使用していて、スペイン経済の規模の割合をかなり外れている。それで良いストレステストの結果から誰かが多めの慰めを受け入れるのだろうか?疑わしい。注、スペインはCajaの結果も公表することになる、そしてそれは投資家を安心させる願いどおりの結果になるかどうかわからない。(思い出すと、あのすべてのLehmanでの『透明性』がどれだけ効果があったか。多くの投資家はCajaはまだかなり不安定である確信していて、かなり多額の資金注入が必要である。米国のストレス・テストが成功したひとつの理由は、財務省がどの満足いかなかった銀行は、そしていくつかの銀行はそうであった、資金を調達する義務を与えたことである。そしてそれを私的ですることに失敗したら、それらは政府の資金注入を受ける必要があった。もし投資家がストレス・テストはただ単に資金注入を避ける努力と見ているなら、何も変わらない。これがどのように変わっていくかすぐにわかるだろう。 )

この動向の危険は、フランスとドイツがの銀行が同じような公表することに失敗しそれらの銀行への疑惑を導くことではない。(もし投資家たちがそれらの微妙な状況が理由でストレス・テストの結果の秘密がもらされないようにされているのだと気づかなければ、それらはもっと密度が高いものであるかもしれない)、しかしそれがすでに気難しい欧州圏の指導者グループの中での摩擦を増やす。確かにこれは全体の事態の小さなことかもしれないが、どこが破滅のきっかけとなる最後の小さな出来事となるかは誰も知らない。

EurointelligenceがFTに匿名でストレステストの公表がされると記事が出ていた。Spain to reveal bank ‘stress tests’ results

広告