今日は’Quadruple Witching’

投稿者: whitegru3

‘Quadruple’とは4つののタイプオプションとインデックス先物が金曜日に最終取引となる日をいう。それには株式インデックス先物、株式インデックスオプション、株式オプション、個別株式先物の最終取引が含まれる。四半期ごとの出来事で相場の値動きと出来高を増加させる可能性がある。

WSJのJustin Lahartがこれを説明する:

インデックス先物が最終取引となる時、売り手はそのインデックスを買い手にデリバーしなければいけない(通常はCashセトル)オプションは買い手に株式またはインデックスを設定された価格で買う権利と売る権利を与える。もし価格正しければ-もし、たとえば、投資家がマイクロソフトのコールを持っていて、投資家に現在その株が取引されているより安い価格で購入する事ができるなら-それならそのコールは権利を行使され売り手はデリバーしなければいけない。

実際のところ、デリバリーはあまり起きない-投資家はオプションと先物を期限切れまで買い戻すか売却してポジションを清算する。この取引が基盤となる株価とインデックスに影響を及ぼし、過去には値動きの荒い市場となってきた。最近では投資家はこの値荒い市場を避けるためにオプションと先物のポジションを早めに相殺してきている。最終取引日はそれでも、個別株の水準ではかなり荒い市場になりえるしかしそれも以前のようなローラーコースターではなくなっている。

広告