中国と米債券市場

投稿者: whitegru3

今 日のWSJに中国の今回の動きに米国債券相場が同のような影響を及ぼすかが書いてあった。

全 体を読んでみて、中国が与える影響は短期的なもので長期的にその影響は薄れてしますということである。

WSJから:

最悪のシナリオとしては欧州の不安が薄れ米国成長とインフレ期待感が高まり、中国は米国Treasuryへ 積み上げる資金をかなり減らしてくるだろう。

しかし中国がTreasuryの購入を急激に減らし、巨額のTreasuryの保有の価値を痛めるリスクはとらないだろう。

長期的にはTreasuryはインフレと経済成長の見通しにより影響される、その時には、通常Treasuryの 利回りを下げるだろう。

中国人民銀行は人為的に自国の通貨をドルに対して低く保つために元を売却しドルを購入し、 その購入したドルでTreasury に投資している。最後の集計した、4月に中国は海外で最高の米国Treasury保有国で$900Bln以上保有する。

元ををドルに対して上昇させるということは、中国はよりドルを購入する額を減らす、それに はTreaasuryの購入のペースを落とす、2005年の7月に、中国が元を上昇させ始めた。

2005年の8月から12月の間、中国のTreasuryの購入は前7ヶ月の月平均$10.7Blnから$2.7Blnに減った。

2005年7月のその最初の14日間の通貨再評価で10年Treasury利回りは4.17 %から4.41%へ上昇した。今回で同じような動きでは10年 債利回りは先週金曜日の3.23%から3.5%へ上昇するだろう。

『中国人民銀行の最初のTreasury市場への反応はよくないと予測される、最近のTreasuryし じょうの急騰の巻き戻しが予測される』とBMO Financail Groupの グローバルエコノミックストラテジストSherry Cooperは言う。『Treasury利回りの上昇は現在の米国経済がモメンタムを失ったことから押さえられ るだろうが初期の反射反応は大きいかもしれない。』

2005年に最初に利回りが急騰した後、10年債利回りは2005年9月までに4%以下に下落し、2006年には5%以上に上昇した。しかし最終的には広範囲にわたる経済動向 により引き下げられる。

直近の米国の経済成長の鈍化の兆しと継続する欧州のからの金融困難により、投資家はTreasuryを 買い続け、中国の購入の劣化を上回るだろう。

更に、ここ3年間で、中国のTeasuryの保有はおよそ2倍に増え、元はかなり割安で、中国人民銀行はドルを継続して 購入し望んでいるより元が上昇しすぎないようしなければいけない。これから中銀は元を上昇させ同時にTreasuryを 購入するの十分余地がある。

広告