今日のロンドン時間の12:30PM:英国財務相Osborneによる財政政策削減に用注意

投稿者: whitegru3

英国財務相George Osborneは英国の2桁台の財政赤字を埋めるために大幅な財政支出削減と増税案を発表してくる可能性がある。英国の財政赤字は今年EU27諸国のなかで最大となっているOsborneは欧州をかく乱している負債危機を恐れ、英国はもしその財政を修正しなければもろく傷つきやすい、そして格付け会社の信頼を得る。

3つのすべての格付け会社-Moody’s、S&P、Fitchは今日の出来事を注意深く見ている。しかしS&Pは事実上英国のTripleAの格付けの下方修正の可能性を審査している。英国に対する威嚇する警告にもかかわらずMoody’sとFitchの見通しの格付けは”安定”である。

危険としては、厳しい経済緊縮策が英国の経済で非常に求められている勢力を吸い上げて、英国が抜け出したばかりのリセッションに逆戻りしてしまうことである。米国オバマ大統領はすでにグローバル首脳陣たちに刺激策から撤退するより経済回復に注目すべきであると警告している。

Osborneの挑戦は、それで英国の経済に害がないように格付け会社を満足させることである。大ざっぱな彼の計画の概要は今日発表されるが細かい詳細は秋の財務支出の見直しまで待つだろう。

広告