人民元パリティーの水準は変化の合図をする。

投稿者: whitegru3

現在では中国人民銀行は前日のドル・人民元のトレーディング水準を使うことを好んでいる合図を出し始めている。今までは翌日の中銀のパリティー水準を決断する重要な参考はオーバーナイトでのドルの動向と国内の香料が主であった。

ドル・人民元パリティーは今日6.8102であった。(昨日は6.7980)しかし昨日の取引の近辺の6.8136であった。

同じようなパターンが昨日も起こっていた。この動きは根本原理の変化、または少なくとも中国が人民元の根付けのメカニズムをより相場主導する努力をしているという印象を強める意向の可能性が強い。今までのように自国の政治的又は経済的ニーズを基に為替市場を誘導するのではなく。

ドル・人民元は6.8100で寄り付いた。(昨日の引けは6.8136)

広告