ECBは流動性を止め、スペインの銀行は殺しだと叫ぶ

投稿者: whitegru3

1年以下でECBは貸付を奨励するために€442Blnを提供した。その代わり、簡単に予想がつく、そのプログラムは貸付を増やすことができず、弱い銀行の負債を繰越しすることに使われた。

さてこのプログラムが終了しスペインの銀行はECBの義務として流動性を提供することに悲鳴をあげている。

WSJから:ECB Walks a Fine Line Siphoning Off Its Liquidity

ECBはあわただしく木曜日の€442Blnの銀行貸付プログラムの終了が金融システムを不安定にしないように安心させている、それでもその地域の銀行間ではお互いの貸付には用心深くなったいる。

ECBは昨年の夏に12ヶ月貸付ファシリティーを紹介し民間セクターの貸付を奨励し16メンバー通貨圏の中での十分な流動性を保証した。その時から、ECBの流動性の半分に値するそのプログラムは負債危機で打撃を受けたギリシャ、スペイン、その他の諸国の生命線となった。

月曜日に銀行間でユーロで資金を借りるコストが8ヶ月の高値に上昇したそれは銀行がその1年間のローンの最終日に備えてである。ユーロは払い戻しが欧州金融システムに新たな不安を露出させるということから下落した。ドイツ債の利回りは逃避として下落。

投資家たちは銀行間で資金が借りられない不安定な欧州地区の銀行に不安で、資金調達の入れ替えが困難で、ECBからの繰り返しの確信にもかかわらず、ECBは同じようの条件で資金を提供するといっているが、水曜日からたった3ヶ月ではあるが。

『われわれはこの巨額の金融取引が何の妨害なしで実施されることに信頼を持っている。』とECBのEwald Nowotnyは金曜日に言った。

広告