なぜ中国が金を買っているのか?

投稿者: whitegru3

中国が過去6年間で金の保有量を75%増加していることが報告されている。中国は今では世界で第6番目の金の保有大国となった。レポートによると、金の購入はState Administration of Foreign Exchange (SAFE)を通して購入されたと書いてあった。このような購入方法をすることで、中国は公式に発表される通貨準備金からこの購入を除外することができていた。それではなぜ中国が金を巨額の量で購入しているのだろうか?

ある人たちは、中国が金を購入し始めた6年前に、米国はイラク戦争でドルの価値を崩壊すると予測したからであるという。中国は現在その金の保有をSAFEの帳簿から中国人民銀行(PBOC)へ移している。これにより金の保有が公式に国の通貨準備金の数字に影響してくる。多くの人は、これはよりグローバル的な努力で金を通貨準備金の資産にすることをめがけているからであるという。

あるアナリストは中国は世界最大の定期的な貴金属の購入国であるという。中国はこの購入については正直でないのは中国が米Treasury保有の最大国でもあるからである。もし中国がこの購入を定期的にしていることを発表することになると、それで金価格をもっと上昇させるかもしれない、そうするとドルの評価を下げかねない、それが中国が保有する米国債のポートフォリオの価値を下げることになる。

中国は国内の鉱山から市場価格より低い価値で購入して、それは発表していない。そしてこのような習慣が近い将来も継続されると信じられている。2009年4月ロンドンG20 サミット前、中国人民銀行の知事が米国ドルを他の国の金融機関から発行されたもうひとつの通貨準備金に入れ替えることについて話し合いをしたかった。

中国がCashの準備金の価値を下げる上で国債を継続して購入していくかはこれから見ていかなければわからない。中国も難しい立場に置かれているのは米国の経済の悪化は中国とっても有害であるからである。その間、中国は継続して、ドルへのエクスポージャーのヘッジとして金を購入し続けるだろう、又は中国はそのすべての貴金属に他の計画があるかもしれない。

広告