今週の予定

投稿者: whitegru3

月曜日が独立記念日ということもあり今週は経済指標の発表も少ない週である。

今週のいつかにはReisが第2四半期のモール、オフィス、アパートの空空き家の比率を発表することだろう。第一四半期には、モールの空き家比率が10.8%に達した。(これは1991年以来最高水準である。)アパートの空家率は過去最高の8%に達した。そしてオフィスの空き家は17.2%に上昇した(これは90年代初期以来最高水準)

火曜日:6月のISM非製造業レポートが発表される。コンセンサスは55.4から55.0へ下落が予想されている。

水曜日:MBAがモーゲージ購買申請インデックスが発表される。この指標は税金控除の締め切り後急速下落している。それから水曜日にはミネアポリスFedのNarayan Kocherlakotaがモントリオール大学で演説をする(2:30-シカゴ時間)

木曜日:新規失業保険申請件数が発表で、コンセンサスは先週の47万2千人から46万5千人に下落。そして5月の消費者クレジットが2時にFedから発表される。消費者クレジットは2008年中旬から急速に下落している、特にリボルビング式借金(クレジットカード)

それに木曜日には現在のNBER(全米経済研究所)の所長Robert Hall 教授が5時に “Reconsidering the Basic Tenets of Macroeconomics in the Light of the Past Two Years”という議題で演説をする。彼は2番底のリセッションについて質問されるかもしれない。

金曜日:国勢局が5月卸売り在庫を発表される。

広告