BISの金スワップ

投稿者: whitegru3

Financial Timesから:Some BIStoric gold swaps

Bank for International Settlements(BIS:国際決済銀行)が新規に取得した中銀の346トンの金を売却できる又はしたいかは議論の余地がある。

しかしだれもが同意していることがひとつある、このBISの金スワップはここ数年間はあまり起きていないということで、少なくともBISのレポートにはこのことは述べられていない。

BISのレポートによると、BISはこのスワップを実施したのは大変まれである、でもこの陰謀的な中銀の金スワップはしばらくの間存在している。

BISの過去のレポートをさかのぼって見ると金のスワップが行われたのは1960年代と1970年代であると記録が残っている。

誰が他の中銀どうしでスワップをしているといっている、もしそれが他の中銀どうしであれば、それは他の中銀の帳簿にも記録が残ることになる。なぜそんなことをするのか?金の金利を見てみると、それはマイナス、もし通貨準備金があり、そのリターンを強化したければ、でもある程度の安全を守りたければ、金を借り通貨を貸す。これは通貨をLIBORで貸すより良い。現在のLIBOR-GOFO Fixingを見てみれば(LBMAのウェブサイトから)GOFO (Gold Forward Offered Rates) and LIBOR Means – 2010

なぜ金の金利がマイナス?それは全世界が金をロング、そしてみんなそれをフォーワードで買えばそれでその価格にいくらかレバレージがかけられる、このようにして金に現金制(Cash & Carry)の有利条件が生まれる。

広告