われわれはどれくらいデフレーションに近いか?思っているより少し近いかもれない

投稿者: whitegru3

からHow close to deflation are we? Perhaps just a little closer than you thought
昨年の10月から、CPIは年率で0.7%上昇してきた。エネルギー・食品を除いた部門では数字は やや低く0.5%伸びである。そしてクリーブランド Fedのtrimmed-mean and median CPIsではそれぞれ0.7%と0.2%であり、直近の消費者物価傾向はかなり低い領域に置く。

そしてこれはCPIの構成においての、可能性ある測定の誤差、又 は先入観を織り込む前である。

さて、このバイアス(先入観)はどれほど大きいものなのか?1996年に社会保障課(Social Securuity Administration) が生活費を測定するCPIの正確さの調査を依頼した。これは“Boskin Commission Report”と呼ばれ、CPIは1年でおよそ1.1%誇張されていた。この委員会はいくつかの可能性ある バイアス(先入観)の源を確認した、しかしこの1.1%のおよそ半分は新たな商品と 品質の変化が要因で価格の統計に紹介されるのが遅いか又は不完全であるためであると結果をだした。

その時から、労働統計局はCPIの測定の誤差を削減するためにいく かの方法論的な変更を導入した。2001年の論文で、FedのエコノミストDavid LebowとJeremy RuddはCPIのバイアスはわずか0.6%であるとした。そして再び、この内、バイアスの大半(およそ0.4%)が 新しいそして改善された商品からの不完全な見積もりの結果であるとした。

さて、現在は、American Economic Reviewの最新版の記事に、Christian BrodaとDavid Weinsteinが、新商品・品質のバイアスの初期の推定は見積もりが低いと述べている。著者はAC Nielsen Homescanの1996年から2003年の間に収集されたデータベースから価格を調査し、新改善された商品のバイアスは年間で平均0.8%であると出した。もしこの推定が正しければ、昨年の10月から上昇 している消費者物価は新商品とその改善によるCPIの誤差を考慮すると実際はおよそゼロであ る。または若干マイナスである。

しかし(しかしがあると思ったでしょ?)著者は同時にこのようなことも指摘している、新商品は循 環的優先に紹介されるのでこのバイアスは経済拡張期に大きく、リセッション時には小さくなる。言い換えると、リセッションの苛酷{かこく}さと穏やかな経済回復のペースにおいて、現在のところ消費者製品 の中でそれほど多くの新しい商品が生まれているとは思えない。これは消費者にとって良いことではない、もちろんCPIの正確性を求める上では良い結果となる。

(アトランタFedのVP,シニアエコノミストMike Bryanから)

広告