景気の二番底

投稿者: whitegru3

CalculatedRiskから:

Google trendsで見ると『二番底』の検索が益々増えている。

Paul KrugmanがNY Timesに事実上の2番底のタイトルで記事を書いている:

明確にしよう:経済回復ですごく遅い成長のため失業率と過剰生産能力が上昇し、下落しないのは真実の経済回復ではない。もし経済成長が1.5%しかなければ、それはその事項のあらゆる意味において2番底に積み上がる。

Nouriel Roubiniから2番底の日々

2008年~2009年のリセッションから巨額のマネタリーと財務刺激政策救済により人工的に強化されたグローバル経済は、これらの政策が薄れて今年には急激な経済下降に向かっている。

先進国で一般世帯、金融機関、政府によるレバレージのはずしが消費と投資に浸透し始め、最高で、沈滞した、トレンド以下の経済成長を成し遂げることになるだろう。

2010年の第2四半期ですでに現れてきているグローバル経済の減退は今年の下半期には加速し始めるだろう。先進国での可能性あるシナリオとしては、たとえW型2番底を避けたとしても、あまりぱっとしないU型の経済回復であろう。米国では2010年上半期はすでにトレンドを下回っている(第1四半期の2.7%の成長と4月~6月期でのあまり活気のない2.2%の成長)。成長率はこれ以上に鈍化していき、今年の下半期と2011年に向かって1.5%の成長を予測する。

広告