Fedは緩いマネタリー政策を見ている

投稿者: whitegru3

FTからFT.com / US / Economy & Fed – Fed eyes looser monetary policy

多くの弱い経済データを意味することは、FedのBernanke議長が水曜日に議会証言をする時に、彼の仕事は人を安心させることであ る。

その安心させる方法として3つの形がある:一つはFedが経済回復はまだ軌道に乗っていると考えること;2つ 目、もし経済が低迷すると中銀はそれに対応して準備ができているということ;3つ目、Fedはインフレとデフレを避ける道具を持っていて自身があるということ。

雇用の弱い伸びにもかかわらず、5月には民間の職はわずか3万3千人の増加と6月には8万3千人の増加となった-Fedの基本見通しはまだ安定した経済回復である。

FOMC金利設定のほとんどのメンバーは今年の経済成長3~3.5%、 翌年は若干高い伸びを予測している。コアインフレは0.8~1%を予測している。

リッチモンドFedのJeffrey Lackerは 『経済成長は継続すると予測する』と言っている(FTとのインタビューで)

『過去数週間で若干失望的なデータが見られたが、経済はまだ拡張していると言うことを覚え ておくことは重要である。 』

この見通しは言い換えると、Fedは方針を変えるまでには程遠いと言う意味である。-Bernake議 長が議会証言で明確にしなければいけない。

悪いデータが引き起こすことはFedの内部での議論である:春季には、超緩和マネタリー政策のか らの脱出の時期と方法であった、今ではより緩和な政策が必要ならどうするかについてである。

Fedの高官はもし見通しが悪化することがあれば、これ以上の緩和が必要であ るか決定する広範囲に渡る測定方法がある。何人かはインフレ期待値に注目している、それはかなり強くとどまっている。消費者、市場、ビ ジネスがまだインフレを予測している限り、高官たちはそれが起きえることに自身をもっている。

その他は、経済回復は失業率を引き下げるのに軌道に乗っていないという証拠が必 要である。

もし弱い雇用データが継続すれば、例えば、賃金の下落圧力が非常に低いインフレに導くとい う不安を引き起こす。

Fedはもし行動を起こさなければさまざまな選択を確認している、しかしそれ らのすべてはリスクを伴う、FOMCの反対派、そしてそれらの効果についての不信。2つ の一番簡単な政策として銀行準備金への金利支払いを廃止し、銀行のその資金を貸し出すことを奨励、又はFedの ポートフォリオのモーゲージバック証券から返済の資本を再投資し始めること。

そのどちらも過激な動きではないが、Fedは最初の緩和政策の変更からはかなり強い伝達効果が期待される。

銀行準備金の金利削減は元に戻せる利点があるがマネーマーケットに深刻なゆがみを導く可能 性がある。

もう一つの可能性としてコミュニケーションの変更がある。Fedが調査し始めた一つの選択は外部の状況に低い金利を連結する。

現時点では、Fedは金利をかなり低く長期間保持すると言っている。その代わり に価格水準のようなものがある特定のターゲットに達するまで金利を低くとどめるという可能性もある。

学問研究によると、これはデフレを防ぐのに効果的である、なぜならそれで中銀に目標に達す るまで金利をゼロに保持することを誓約させる。それは市場に誤りを伝えず、そして固定期間金利をゼロに保持するがさつな約束より柔軟 である。

市場ではすでにFedが来年に入っても長い間金利を保持すると予測されている、しかしそれが 可能性ある上昇の制限をする。FOMCタカ派、Thomas Hoenig、 すでに“extended period”『長 期間にわたって』の言語に反対している、はこの方法に自己の手段に関連ずけること避けていくことだろう。

2つ 目の選択として、もっとTreasury、アセット・バック証券を購入してFedの バランス・シートを拡大し始める方法があるがこれは一番意見が分かれている。ほとんどのFed高 官は2009年初期に金融市場混乱が起きた時に資産購入はかなり効果的であると思っている。彼 らは相場が静まって効果的であるかそれほど確かではない。

多くのFOMCメンバーは又、これ以上の資産の購入の副作用に深刻に不安である。

広告