今週までのプラス要因とマイナス要因

投稿者: whitegru3

プラス要因:

  1. 難しい質問と最悪のケースシナリオが織り込まれていなく、EUのストレステストはより少ない銀行がテストに落ち、より小額の資本調達が要求された、よってここまでは順調。
  2. ドイツのIFO,UKのGDP,欧州圏の製造業とサービスインデックス、フランスのビジネス信頼感度、欧州圏鉱工業受注はすべて予想を上回った。
  3. 中国株は4週間半ぶりの高値、銅は10週間ぶりの高値、CRBは2ヶ月ぶりの高値
  4. 米国企業決算はここまでは良い結果を見せている
  5. バルチック海運指数(不定期船運賃指数)は35日間連続で下落した後、6日間連続で上昇。
  6. ブラジルとカナダは経済成長が好調、利上げを実施。
  7. 住宅着工は予想を下回る。住宅は多すぎる。

マイナス要因:

  1. 住宅着工は予想を下回り、建築業に悪影響。
  2. 住宅在庫は引き続き増加。
  3. NAHB建築業サーベイは2009年4月以来の最低水準。
  4. ブラジルとカナダの利上げで流動性が下がる。
  5. Bernankeは見通しは確かでないと言う。
  6. 銀行決算収益はいまいち。
広告