欧州のストレス・テストはなま優しい推定に頼った

投稿者: whitegru3

WSJから:Europe\’s \’Stress Tests\’ Relied on Mild Assumptions

欧州のストレス・テストは大手銀行が経済の荒れを乗り越えられるかを測定する意向にあった。しかしその試験はいくつかの驚くようなおとなしい経済推定に頼った。

このテスト実施した20カ国のいくつかの中では、監督機関は不動産価格が継続して上昇していく、又は最悪の経済シナリオで一定に保つであろうと計算した。

その他のケースで、2番底リセッションで失業率は、現在の経済状況を基にしたベンチマークシナリオと呼ばれるものから最小の0.1%しか上昇を推定していない。

不動産価格と失業率は通常個人とビジネスがモーゲージやその他のローンを払い戻せる能力があるかの良い代名詞となり、それらの変動値を一定にすることで、その結果銀行を損失から守り、そうしなければ資本の腐食となってしまう。

このテストの経済推測のいくつかのなま優しさが、91のテストを受けた銀行のうち7つの銀行だけが経済、金融危機に資本が不足となるだろうという監督期間の驚くような楽観的な結果に益々疑いが高まる。

テストが想定した最悪のケース・シナリオでは穏やかなリセッションであった、それは欧州圏全体の経済が今年は0.2%収縮し、離縁は0.6%の収縮、穏やかな経済回復の実際のフォーキャストと比較して。

しかし理論的リセッションでさえ、失業率はそれほど膨らまない。たとえば、そのストレス・テストに参加している16欧州圏諸国はそのテストのベンチマーク・シナリオの下で今年は失業率が平均10.7%ある。環境が逆転したシナリオで、監督機関は失業率は若干上昇して10.8% になるだろうと推測している。

欧州圏での最大の上昇はスペインで今日の20%と比較して、逆転シナリオで20.3%へ上昇するだろうと見られている。

不動産価格においては、おのおのの国の推測はその国の銀行の監督機関によって考案された。オーストリアでは、そのテストはリセッションを仮定して、不動産価格は今年2%上昇し、来年は2.7%上昇が予測されている-そのベンチマークのシナリオでまったく同じ結果。ポーランドのストレステストは不動産価格は変わらずと予測されている。

他の国は比較的穏やかな不動産価格の下落が織り込まれていた。イタリアは今年1.6%の下落で、2011年は2%の下落でテストされた、ギリシャの最悪のケースシナリオは今年5%下落し、来年は2%の下落となっていた。

どれだけの楽観的なテストの推定が異なった銀行のストレステストでの成績に影響したかは明らかではない。イタリアとギリシャで、いくつかの銀行が大変狭い差でテストをパスした、言い換えると、たとえ少しの経済推測の変更で結果が変わってくるかもしれない。

スペインは、7つのテストに落ちた銀行中5つの銀行の国で、高官たちはその試験は特に厳しかったと自慢している。その他の国々で使われたシナリオに追加で、スペインは価格が50%急落した不動産セクターの内破もテストされた、と上級のスペインの政府高官は言う。

その国の高官は、スペインのテスト仮定はイタリアのようなその他の国で使われたものよりもっと厳しかったと言う。



広告