Bush減税についての5つの通念

投稿者: whitegru3

Waashington Postの記事から:Five myths about the Bush tax cuts

2001と2003年に成立したBush減税として知られているものが12月31日に有効期限が切れる。そしてそれをどうするかでの激論が高まっている。民主党は減税策を終了させるべきか?共和党は延長させるべきであるか?又はその解答が財務大臣Timothy Geithnerが率いるObama政権がそのどこか真ん中にあるのではないか?

所得、配当、キャピタルゲインを通して全面的に減税され:最終的に遺産税をも取り除いた;更に結婚している夫婦の負担を軽くし;両親と低収入労働者;そして教育と退職後の蓄えまで。オバマ大統領の提案はこれらのほとんどの減税の延長だが、個人で20万ドル以上、家族で25万ドル以上への減税策を終了させることにある。

討論の複雑にしているのは、暗い経済と財政の見通しのものは過去10年前に浸透していた明るいシナリオは明らかに異なっている。その見通しがBush減税延長させるか、又は終了させるかについていくつかの頑固な通念を生んだ。

  1. 減税を延長させることは経済を刺激するのに良い方法である。刺激策では1年又は2年の延長はひとつの目的しか持っていない-それは大きな介入と少なくとも経済にある促進を提供することである。しかし良い刺激策はただ単に大きいだけではいけない;それが値段に見合うだけたくさん提供するべきである。それで、政府支出又は減税の1ドルごとができるだけの効果を経済に与えるべきである。Congressional Budget Office(連邦議会予算事務局)と他の官僚によると、Bushの減税策の延長は値段に見合う価値がない、それは使われる1ドルごとにGDPの10㌣~40㌣の増加に値する。なぜか?CBOが注意書きを載せる、ほとんどのBush減税のドルは高所得者へ言っている、そしてこれらの高級所得者は低所得者と比べ所得のほとんどを使わない。事実、CBOが直近で調査した11の見込みある刺激策の中で、Bush減税は支出に見合うだけの価値が最低である。(CBO高所得者の減税を別々に調査していなかったが、減税を延長するように示唆することに使われた理論はそれでも価値が低かった)政府は高所得者の減税の有効期限を終了させたほうがもっと効果的に経済を刺激することができるそしてその金で州の失業保険の延長を助け、雇用作成に有効な税金控除をすることができる。1ドルに対して1ドル、これらの政策はBush減税を継続する能登比べおのおのでGDPに与える影響はおよそ3倍にあんるだろう。
  2. 高所得者層の減税の有効期限を終了させることは小規模企業を苦しめる。もっおもよく聞かれる異論のひとつは高所得者の減税を廃止するこてゃ小企業のビジネスを苦しめることになる。上院Orrin Hatch氏(ユタ州共和党)は最近このように言っている、減税を無効にすることは『厳しい経済時期に小企業にとって雇用致死増税に相当する。』この主張は間違っている。もし、提案されたように、Bush減税が高所得にとって期限切れになると、小企業の大半は影響がない。小企業の所得として提出されている2%以下の税金申告が上位2階級の納税者によって提出されている、それは個人で年収$17万以上の所得者と家族でおよそ$21万以上を稼いでいるものである。そしてほとんどの小規模ビジネスは上位の所得階級によって所有されていないように、ほとんどの上位階級所得層は小規模ビジネスの所得にほとんど依存していない。Tax Policy Centerによると、それらのような売り上げは上位階級所得層の一般世帯の40%の所得のほとんどを占め2番目に高い所得層の30%の一般世帯を占める。もし目的が小規模企業を助けることであるなら高所得者層の減税策を継続するのが方法ではない-そうすると小規模ビジネスの98%のオーナーを避け、それらのビジネスでほとんど金を稼がない人々を助けることになる。
  3. 税金削減を永久にすることは長期経済成長を導く。一番需要な減税策の売り言葉は、賃金、配当、キャピタルゲインに低い限界税率を提供し、投資を奨励しその結果経済成長を促進する。しかし成長を促進する上で、これがすべてではない。税金削減は政府の負債を増やす。そして高い政府の負債が高い金利を導く。もしこの推定の関係が-元Bush大統領経済諮問委員会(Council of Economic Advisers)の所長Glenn HubbardとFedのエコノミストEric Engen,そしてOffice of Management and Budget(行政管理予算局)のPeter Orszagと私自身-正確であれば、減税策は新規投資をするコストを引き上げていた。経済が回復し民間の借用が増え、金利の上昇圧力が成長を更に強化するかもしれない。私は基準の経済成長と投資の公式を使ってBush減税の経済成長に与える全体的な影響を計算しその結果マイナスとなった。そしてそれは延長されれば継続してマイナスになる。
  4. Bush減税策は財政赤字の一番の原因である。減税は大きく、収入を急激に下げたが、それは今日存在する巨額の財政赤字の一番の原因ではない。2007年に、減税策が有効になってからかなり後で、財政赤字はGDPの1.2%にとどまっていた。2009年に、それが経済の9.9%に増加した。Bush減税策は2007年から2009年には変更はなかった。よって明らかに何か他のよういんが影響していた。一番の原因はリセッション、そしてそれが呼び起こした対処。経済が収縮し。税収が急減した。銀行救済のコストと刺激策パッケージが更に赤字に付け加えた。事実、Center on Budget and Policy Prioritiesの分析によるとBush減税は今年の税収のほんのわずか25%に値する。
  5. 減税を継続することは長期の財政の見通しを運命付けない;給付金制度が本当の問題である。この国の長期財政赤字が持つ一つの論理としてただ給付金制度だけが問題であるとある。社会福祉登録者の増加に絡んだコストの上昇とヘルスケア支出の増加(MedicareとMedicaidを通じて)。共和党はこの考え方を好むのは税金増加を支払うのは可能性ある解決策であると見ているからである。民主党は直近のヘルスケアパッケージがより勝利のように見えるからである。しかしそれが真実ではない。われわれが翌10年に面する赤字は支出と歳入のファンダメンタルズの不均等が影響する、それは給付金制度以上のものである。CBOとUCバークレー大学のAlan Auerbachと私の予測に基づくと、たとえ経済が2014年に完全雇用に戻って、そこで残りの6年間をそこの場所のとどまっても、現在の財政政策の継続、Bush減税を含む、2020までには国の負債はGDPの90%に達するだろう、それは第2次世界大戦後で一番高い水準である。そしてMedicareとMedicaid、社旗保障(Social Security)は2020年後までは急激には増えないだろう。これらのいくつかの予測によると、年間赤字は2020年にはGDPの6~7%に増加するだろう。Bush減税はこれのかなりの率を占めることになる。有効になる毎年ごとが積み重なると考えたら、歳入が減りなぜならばそれはGDPの2%に値するからである。その問題を複合すると、政府の負債を増やすことで、減税がすでに負債への金利を高めることに導いている。よって12月31日にすべての減税が廃止されても、われわれはこの先も長いこと支払っていくことになる。

William G. Gale is a senior fellow at the Brookings Institution and co-director of the Urban-Brookings Tax Policy Center.

広告