8月10日のFOMCの前に。。。

投稿者: whitegru3

Bernanke議長の昨日の朝のスピーチでは経済全体像の見通しのトーンは予想していたより強気で、その中でも重要な文章は 『rising demand from households and businesses should help sustain growth』(一般世帯とビジネスの重要の増加が成長の継続を助ける)

そして『growth in real consumer spending seems likely to pick up in coming quarters from its recent modest pace, supported by gains in income and improving credit conditions.』(実質消費者支出はこの先の四半期には直近の穏やかなペースから伸びを見せてくるかもしれない、所得の上昇とクレジット環境の改善が援助となる)

更に『rising U.S. exports(輸出の増加)、have helped foster growth in the U.S. manufacturing sector.』(が米国製造業セクターの成長を助けた)

現在市場ではFOMCが8月に緩和をするという見方をするエコノミストもいるが、このBernankeのトーンではそれは可能性が薄いのではないかと思う。一番考えられるシナリオをとしては経済成長は鈍化したが、しかし”extended period”(長期にわたる)の言語はここでははずされないだろうと思う。そしてこ以上の緩和についても述べられることはないと思う。

そして昨日のWSJに『Fed Mulls Symbolic Shift』(Fedは象徴的な変更を検討している』とあった。この内容を見てみると:

Fedの高官は彼らの巨額の証券ポートフォリオの運用で穏やかだが象徴的な重要な変更を検討している。

議論は:そのポートフォリオのゲージ債が償還する時にFedが取得する資金で新しいモーゲージ又はTreasury を購入するべきであるか、この先数ヵ月後に予想されていたそのポートフォリオを徐々に縮小させる代わりに。

償還した債券から次々と入ってくる資金を使って新しい債権を購入することは-2011年にはおよそ$200Blnが予測される-国民と市場にFedは経済成長を援助する方法を探していると言うことを見せることになる。

この記事も昨日のBernanke議長のコメントと2週間目の議会証言を聞いている中では可能性が薄いのではと思う。


広告