FAQ:Agency債とAgency モーゲージ・バック証券の元本支払いをTreasuryへ再投資

投稿者: whitegru3

FAQs: Agency and Agency MBS Purchase Program – Federal Reserve Bank of New York

Q:FedのAgency債とAgency モーゲージ・バック証券の元本支払いをTreasuryへ再投資をする目的は?

A:再投資の目標はFedのSOMAが保有する米国証券の額面価格を一定に保つことでSOMA(System Open Market Account)は2010年8月4日の時点で米国内証券総額$2.054兆を保持する。そしてこの政策はこの水準を保つことを確証する。

Q: SOMAが保有する国内の証券の額面価格は8月4日の$2.054兆の水準からどれくらい異なってくるか?

A: SOMA資産の総額はおよそ$2.054兆からある程度異なってくる、それは購入したTreasuryとAgencyとAgencyMBSの元本払いのセトルメント日の違いからである。購入されたTreasuryと元本が支払われたAgencyとAgency MBSがセトルした週ごとにSOMAによって保有される国内の証券の額面価格は$2.054兆を数十億ドル上回るか下回るかである。

Q: そのほかのFedによって保有されているものの元本支払い、Maiden Laneのポートフォリオのようなものは長期債に再投資されるのか?

A: いいえ、そのほかのFedの保有、Maiden Laneのポートフォリオ、外国通貨のSOMA資産、その他Fedの保有資産は長期債には再投資されない。

Q: オペレーション・デスクは何を購入する?

A;デスクは2~10年セクターの購入に集中するが、購入はTreasury とTIP債のイールドカーブ全体を通して購入するが下記のものの購入は控える。

  • 特別な担保のためにレポ市場で価値が不足
  • 5週間以内の償還物
  • 中心限月Treasury先物に引き渡される最割安銘柄
  • SOMAがすでに保持している市場の供給の35%又はそれに近い水準のもの

毎回のオペレーションで除外される特別なものはそのときに発表される。現在では、デスクはT-bill、ストリップ債、when-issued市場で取引されているものは購入しない。

Q: Fedは今回の声明で35%の上限のルールを変えた?

A: いいえ、SOMAの現在の保有の上限35%は変わらず、デスクは必要であればこの決断を再評価する。

Q: デスクは毎月どれだけのTreasuryを購入する?そしてどのようにして連絡する?

A: 毎月営業日8日目又はその近辺に、デスクはその月とその次の月の中旬に実施される予測購入額を公表する。この額は、この期間にAgencyとAgencyMBSの元本支払いから受け取る額とおよそ等しい額。この発表には予測されるTreasuryの購入が含まれ、オペレーション日、セトルメント日、購入される証券の種類、とオペレーションに適格な債券の償還の範囲

続く。。

広告