NY Fed: 一般世帯の借金総額は2008年のピーク時から6.4%減少

投稿者: whitegru3

NY Fedからの四半期レポートが発表された。Household Credit Conditions in U.S.

米国の一般世帯のクレジット状況、厳選された州の消費者の借金は減っている。

一般世帯は過去7四半期で着実に借金の総額を減らしてきている。2010年第2四半期では2008年に負債額がピークであったときから6.4%減少している。

追加で2006年の初期から初めて、ある局面での一般世帯の借金の滞納が減ってきて、11.2%から11.9%へ減少している。しかし第2四半期で新規破綻件数の数は34%増えている、これはここ数年間での第2四半期の通常である20%増加を上回っている。

次の四半期レポートは11月8日、2010年、2月14日、2011年、5月9日2011年、8月8日2011年発表予定である。

広告