一般投資家たちは株式市場から金を引き上げている

投稿者: whitegru3

今年最初の7ヶ月で投資家たちは国内株式投資信託市場から驚くような$33.12Blnを引き出した。(ICIのデータから)

今では投資家は安全な投資物件である債券のようなものに資金を逃避している。このペースが継続すると2008年のグローバル危機が突発したときだけを除いて1980年からどの年よりも2010年ではより多くの資金が株式投資信託から引き出されたことになる。

小口の投資家はリスクへの魅力を失い始めている。

過去数十年の現象のひとつとして個人投資家の蜂起があった。米国市民は自己の老後の投資により自分で責任を持つようになり、全米の一般世帯の半分が今では直接又は投資信託を通じて資金を株式に投資し、これが米国人が株式に投資する一番一般的な方法となって来ている。よってこの逆転は目を見張るものがある。

そしてタイミングも、過去のリセッションの後、普通の投資家は経済が回復につれ利益を挙げるように株式への買い意欲を高めた。今回は企業収益が改善したにもかかわらずアメリカン人は自分たちの投資に用心深くなった。

『経済周期のこの段階では、$10から$20Blnの資金が普通は国内の株式ファンドに流れ込んでいいはずだ。 』その代わりに何十億ドルもの金が流れ出ている。『これはとてもまれなことである。』

長い間株式が安全で儲かる投資であるという概念が過去数年間で住宅価格の下落と雇用の不安定がアメリカ人の経済的安定を変えたと同じように傷つけた。

これが心理的長期間にわたる変更がどうかは明らかになるには長い年月がかかるだろう。テクノロジーとドット込むが2000年初期に暴落した後、投資家たちは株式市場にすばやく再投資した。しかし世界大恐慌のようなより大きい経済災難は人々のお金に対する態度を何十年間も変えた。

それでも今では、ミックスな経済データがリセッションからの回復は弱いものであると経済の背景を描いている。

『多くの通常の人々たちは、経済回復は真実ではないと感じている。』『人々たちは雇用成長と経済回復の安定により信頼をもてるまで株式市場へ安定した基盤で殺到することはしないだろう。』

ポートフォリオを再構成した一人の投資家、Gary Olsenさん51歳、ダラス出身は過去4年間で、彼は彼の投資比率株式65%と債券35%を調整して彼が投資していた$1.1Mlnを今ではちょうどバランスよく投資している。

彼は地方のFederal Home Loan Bankでポートフォリオ流動性マネージャーとして働いていて4年前に退職した。

『みんなと同じように、直近の株式市場の下落で私も損をした』『私はより安全な投資アロケーションが必要だった。』

確かに、多くの金が小口の投資家、年金ファンド、大手機関投資家からまだ株式市場へ流れ込んでいる。しかし普通の投資家は自分たちに401K退職年金計画を再配分している。(Hewitt Associatesから)

2年前までは401K口座の70%のお金が株式ファンドに投資されていた、2008年の金融危機後に人々はポートフォリオを債券投資に振り分けその割合が2009年の始めには49%い下落した。今はそれが57%に戻ったが、そのほとんどがここ数年の株価の上昇のおかげである。人々はまだ債券にとどまっている。

もうひとつ働いている力はベイビーブーマー世代の高齢化である。かれらが定年に近づいて、アメリカ人たちは、株式からの投資を変更して退職して長期に渡って収入を保証することを準備視している。

そしてもう住宅エクイティーから資金を調達できなくなり普通の生活経費を支払うための金が必要な一般世帯から起こされる株式からの逃避。

金曜日にFidelity Investmentsは、第2四半期には投資家が年金口座から財政的苦難引き出しの過去最高の数字を記録したと報告した。これらは早期引き出しで医療費などを支払うために必要なものである。

ICIによると、年間4000世帯の統計を取り、すべての年齢層での米国人投資家たちは株式市場のリスクへの欲が2001年近辺に天井をつけてから下落し続けている、そしてその変化は35歳以下の年齢層で一番で目立っている。

今年の初旬の数ヶ月間、株式市場への投資は上を向いていた。成長について楽観的で、投資家は又金を株式市場へつぎ込んでいた。3月と4月に、株式市場が8%上昇し、$8.1Blnの金が国内株式投資信託に流れ込んだ。

しかしそれから、米国経済見通しの厳しい再評価が到来し、失業率は頑固にも高止まりし、民間セクターの雇用成長は伸び悩んでいる。

投資家の神経は5月6日のフラッシュクラッシュによりすり減らされてしまった、その時にダウジョーンズ工業株30種平均は1分もしないうちに600ポイント下落した。高官たちはいまだになぜそれが起こったのか確証がない。

投資家は5月に国内の株式ファンドから$19.1Blnを引き出した、これは2008年10月の金融危機の頂点以来最高額の資金の引き出しとなった。

全体で投資家は2008年には投資家は株式ファンドから$151.4Blnを引き出した。しかしその時に市場は驚くような勢いで暴落していた。今回の驚きは米国人たちは株価が上昇しているにもかかわらず金を引き出している。

株式市場は前月に7%上昇したのは企業収益が回復し始めている、しかしそれでもその上昇でも一般投資家を誘惑するのには十分ではなかった。その変わりに、一般投資家たちは7月に株式投資信託から$14.67Blnを引き出し、3ヶ月連続の引き出しとなった。(ICIから)

この恩恵を受けたのが債券投資信託でこれは均一な固定金利を支払う。

投資家たちは何十億ドルもの資金を株式投信から引き出し、今年の初めから7ヶ月間で債券投信に$185.31Bln投資した。そして今年の債券投信への資金流入は2009年につけた記録に近づいている。

Trim TabsのCEOのCharles Biderman氏は、過去10年間での株式市場の惨めな実績において債券に資金が流れていることは驚きではない。ダウジョーンズ工業株30種平均はこの10年前に11,500で始まった。しかし先週の金曜日は10,213で引けている。『人々は過去10年間で多額の金を失った、その反面債券は上げ相場になっている』『金融市場には、自明の理がある。資金の流れは実績に追いかける』

Ross Williamさん、59歳ミシガン州Grand Rapidsの公共コンサルタント、は昨年株式市場が回復し始めてきてから益を確定するために売却し始め、短期債券に投資をし始めた、株式がもう一度暴落するのを恐れた。

『われわれは大変値荒い相場にいる、それで再び下落した場合に債券に投資すべきである』『もし相場が上昇したら、この金を取り出しリスクに置いておくよりもっと安全なものに多くべきであると理解した。』

広告