マネタリーポリシーについてFOMCの議論

投稿者: whitegru3

WSJから(Jon Hilsenrath)Fed Split on Move to Bolster Sluggish Economy

まずは主要ポイントから:

  • Fedがもっと積極的に動くべきであると人たちとFOMCの中で明白意見が割れていた。-なぜなら高い失業率と低いインフレーション-そして何も行動ととりたくない人たちがいる。
  • 低いモーゲージレートと活発な借り換えのため、NY Fedは、もしFedが何もしなければ2011年の末までにそのバランス・シートはおよそ$400Bln縮小するだろうと予測している。今年の初めの予測は$200Blnであった。
  • Hilsenrathによると、Bernankeは『過去の中銀の高官たちが破滅的なデフレーションの発作を起こす間違いを避けることに決意を固めている。』そして多分それはQE2を意味する-それは多分FOMCがいつとどれだけ長くしたいかが問題であろう

Fedは低迷している景気を強化する政策で意見が分かれる

8月10日会議でのFed高官はBen Berankeが4年半Fed議長を務める中で一番議論が多い仲間となった。経済見通しが予想外に薄暗くなり、議論の論点はテクニカル的なものだった:Fedの巨大な証券のポートフォリオの運用の仕方を変えるべきか

しかしそれには大きな意味合いがあった:そうすることでFedを市場に押し込み戻しそれはマネタリー政策の更なる緩和の前兆となり、その動きが中銀の高官の中で分離する動きとなる

集まった17人のFedの高官の中の少なくとも7人は、提案に反対意見を出し、又は不安を感じさせた。その長く続いた討論の最後に、Bernanke議長は行動を起こすことを推し進めることに成功しその議論を解決した。

Fedの$2.05兆モーゲージ債とTreasuryの保有を縮小することから維持する決断は、何人かの参加者によって説明され、Fedの内部でより間接的な決断の舞台設置をし:次に何をするか?米国経済の頑固にも弱い経済回復と問題的に低いインフレーションに。

Bernanke議長は。他のFedの高官たちが金曜日と土曜日に、他の海外官僚たちも含めFedの年次Jackson Holeで会合するときにこの重要で未解決の質問を詳しく説明する機会がある。

再度の世界大恐慌から経済を遠ざけるよう導いた後に、Bernanke議長はひどく遅い対決することになった。失業率はまだ高くインフレは居心地悪く低い。Fedの高官たちは今年の初めにはFedの高官たちはほとんどが緩和政策から脱出戦略計画していた、それが経済を活発化するためにもっとしなければいけない方向に強制的にされている。

Fedの高官たちは、次に何かをするにあたって大きく分かれいるにもかかわらず共通する目標を持っていると強調している:デフレーション、広い範囲に渡る賃金の下落、又はインフレーションの急上昇を防ぐことである。そして異例な政府の援助なしで経済回復を維持できるだけの十分な経済成長を強く望んでいる。

Fedはすでに短期金利ターゲットをゼロに近いところまで下げてきて、それを長期にわたってそこに保持し何兆ドルもの証券を購入して、中銀が作成した金で、長期金利を引き下げることを誓約した。

今一番異論の多い論点は、もっと紙幣を印刷し、もっと多くの長期債を購入すべきであるか、それによりFedのポートフォリオはこれ以上に大きく膨らむ。早期の債券購入プログラムは3月に終了した。

決断はほとんどが、Fedがインフレがこれ以上下落するのを見ているのかそれとも経済成長が復活するのに失敗したかで決められる。

その他の論点で:Fedはすばやく行動に移すべきか、それとも経済が本当に失速している確かな証拠を待つべきであるか?そしてもし行動を起こす決断をしたら、小口で出すべきか、用心深い段階を踏むあれとも、大きく出るか、大規模でいくか?

Fedの高官たちは両方の論点で相違する見方がある、そしてどちら側のすべての人が8月10日の決断はFedがどちらの方向に傾いているかをあらわしてしているもであるとわかっていた。そのときには行動を起こすほうに傾いていた。

会議の前に、NY Fedの高官たちは、そこではFedのポートフォリオを運用する、問題を抱え初めていた。Fedのモーゲージ・バック証券のポートフォリオが予測していたより早いスピードで縮小し初めてきている。低いモーゲージレートでより多くの借用者たちが借り換えをしている。その結果Fedによって保有されているモーゲージ・バック証券が支払われていることになる。

Fedのポートフォリオの規模が中銀のマネタリー政策の道具の一つになっていた。経済成長鈍化の上でのポートフォリオの縮小は多くの高官たちにとって歓迎できる出来事ではなかった、それにはNY Fed知事William Dudleyも含まれていた。それは途中終了でブレーキをかけることに等しかった。

NY Fedのマーケット・チーフBrian Sackは、ポートフォリオがどれだけ収縮するか上方修正してきている。会議の数日前にSack氏のグループによるメモが受け渡され、その推定は再び上方修正されていた。3月にはこのグループは、2011年末にはポートフォリオは$200Blnを若干上回るぐらいの縮小になるだろうと推定を出していた。会議の数日前のメモにはこの推定は$340Blnに上方修正された。追加でFedが保持するFannie MaeとFreddie Macによって発行されたおよそ$55Blnの債券が払い戻される。すべてまとめるとこれでFedの保有額が18ヶ月で20%縮小することになる。

『バランスシートの縮小はこの状況下で私は好ましいことではない。』とDennis Lockhart(アトランタFed)は言う。かれはFedの議論の中で真ん中で中立を保つ傾向がある。

慣例で、WashingtonにいるFedの役員たちがFOMCのメンバーの政策設定の依頼を受ける。-Washingtonに現在5人のFed理事と12の地区連銀、その内5人が毎回の会議で投票-会議の前にさまざまなオプションを提供する。

モーゲージ・ポートフォリオの縮小は議論の中心であった。Fedは継続して縮小させていくことができるか、又はモーゲージ証券から償還の資金を新たなTreasury又は他のモーゲージ証券に投資することで安定させることができる。高官たちは現在のポートフォリオの規模を拡大することについてはほとんど時間を費やさなかった。

参加者はこの会議が1日のスケージュールの予定であったために余計に圧力がかかっていた。そして多くのFedの会議のように明らかなコンセンサスがなかった、Fed又はWall Streetの集団のどちらもFedの政策を予測することができず、より多くの時間を費やすために通常より1時間早い8時に会議が集合した。

高官たちは2つのグループに群がった。ひとつめの仲間がDudley氏、とボストン、SF Fed理事のEric RosengrenとJanet Yellenで、Fedは低い失業率とインフレの安定の目標からかなり離れていることを議論。失業率はFedが完全雇用と考えている5~6%を上回る9.5%。インフレはFedが非公式のターゲットとしている1.5%~2%を下回る1%にいる。この仲間たちは行動を起こす方向に傾いていた。

もうひとつのグループは懐疑的。Fed理事Kevin Warsh,元Wall Street投資銀行員で危機の最中にBernanke議長と密接に働いていた。そしてメジャーリーグのワシントン・ナショナルズのゲームにBernanke議長とよく行く。彼はモーゲージの償還をTreasuryに再投資する決断は投資家を迷わせ、Fedが決断を下す前に市場にFedが巨額の購入に乗り出したと思い込ませるよう導いてしまうことに心配した。体制の極端な変更が民間をFedが前より経済について不安を感じていると思わせてしまうことに議論した。

何人かの高官たちは、政策の声明文にFedが弱い経済を理解していることを乗せたかったが、ポートフォリオの運用に変更は経済がより明確になるまで待つことにした。

Richrad Fisher,ダラスFed、とその他は、Fedの行動は効果的ではないかもしれないと不安を表した。ビジネスはすでに豊富で安いクレジットを使っていない、それはその他の問題で不信がたくさんある、国家赤字、新金融規制などが含まれる。

Narayana Kocherlakota、ミネアポリスFed理事は今日の雇用の問題の大きな理由がFedが早く動かないからであると主張した。それには失業者の技術と雇用主が要求する技術の不一致などで、『Fedは建築業労働者を製造業労働者に転換させる手段は持っていない。 』

フィラデルフィアFed理事、Charles Plosserは以前Bernanke議長の率先に対して疑問を投げかけ、最新のFedの動きは早まったと判断している。それでもFedは2010年の経済成長を下方修正したが2011年以降の経済成長の推測を極端には減らしていない。

続く

広告