失業の期間

投稿者: whitegru3

上のグラフは失業期間を労働人口の割合で現したものである。グラフは4つの失業部門に分け:5週間以下、6~14週間、15~26週間、と27週間以上。

8月2010年で、27週間以上の失業者数はかなり減少し7月の675万2千人から624万9千人に(季節調整後)。どうやら長期失業者の数はピークに達したようだ。しかしまだそれらの人々は仕事を探すのが困難である。

5~14週間の部門は8月に急増して、2009年10月以来最高水準に達した。

広告