2011年の社会保障給付金(Social Security Benefit)の増加はなし(非公式)

投稿者: whitegru3

労働統計局が9月のCPI-Wのレポートを発表するまでは公式ではないが、2011年の社会保障給付金又は最高献金基準の増加ないだろうと予測ができる。(新たな政策がないと推測して)

労働統計局は今朝、勤労者消費者物価指数(CPI-W)を発表し8月は214.205だった。(7月のCPI-Wは213.898だった)

下記が社会保障給付金の増加がないだろうという説明である:

計算日は時がたつにつれて変わるが、現在の計算は第3四半期の3ヶ月の平均CPI-Wが使われる(7月、8月、9月)そして第3四半期の以前の最高平均の平均と比べられる。注意:これはヘッドラインのCPI-Uではない。

  • 2007年に、CPI-Wの平均は203.596だった。
  • 2008年にその平均は215.495だった。それから5.8%の増加となった。
  • 2009年に、第3四半期のCPI-Wの平均は211.013だった。これは2008年から2.1%の減少だが、規制で修正はマイナスにはなれない、よって給付金は今年と同じである。
広告