どれだけの人が失業保険を使い果たしてしまった?

投稿者: whitegru3

まず初心者に、失業保険を使い果たすには、最初にそれを申請していなければいけない。それには個人営業の人たちはそれに含まれない。それから、高校又は打伎楽の新卒者たちは除外される、それから始めて仕事を探す人たちも。

この問題の回答出すために下の州別に出される週間失業保険申請者件数のチャートから探ることが出来る。

経済回復にもかかわらず、まだ失業保険を取得している人の数の減少が見られていない。

上のチャートは失業保険と延長失業保険を取得している人の数を資格ある参加者の数で割ったものである。

現在のデータは3,891,808継続受給者+5,253,587延長とEUC受給者(合計9,145,395)を資格のある参加者のプール126,763,245で割ったものである。

この結果資格のある参加者の7.2%で、過去最高の人数が失業保険を取得していることになる。

上のチャートは資格ある失業保険受諾者のプールである。

最後のチャートが最初の疑問を解くキーとなる。注目したいのは、失業保険受託の資格あるプールの数が2004年の水準に減少していることである、

2008年には133,690,617人が失業保険にカバーされていた。ピークからの下落は6,927,372人である。

意味合いと分析

意味合いは少なくとも6,927,372人が失業保険をすべて使い果たしてしまったことになる。

確かに、この数字は高いように思われる、それは2008年にこのプールの人数がピークをつけてから、初めて仕事を見つけた人のすべてがすべての失業保険を使い果たした人と入れ替えられているからである。

すべてを考慮すると、少なくとも7百万が失業保険を使い果たし、何人かわからない割合の人間が社会保障を取得する選択でやりくりしている。更に、時期を早めて社会保障を取得を選んだ人たちは、それをより少ない受諾でまかなっている。

広告