Fedは経済を活気つけるために新たな方法に傾く

投稿者: whitegru3

Fed Mulls New Bond Approach (John Hilsenrathから)

FRBは弱い経済の回復を強化するために長期Treasuryの購入を再開なら新たな手段を使うことを考慮している。

2009年の時のように制限のつい巨額の債券購入を発表して米国金融システムを驚かせるより、Fedの高官たちはより制限をつけずに小規模のプログラムで経済回復が進むにつれ調整することができる。

Fedはまだその債券購入に乗り出すことは決意していないしそのアプローチに承諾することでさえ。最後の会議の後、Fedの政策会議は必要であれば新たな手段をとると言った。もっと多くの債券を購入するかの判定は経済成長とインフレについてこれから出てくるデータによる。もし経済が加速すれば、高官たちは次の行動は必要ないかもしれない。

2009年3月、Fedは$1.7兆のTreasuryとモーゲージバック証券を翌6~9ヶ月間に購入すると発表した-Fedの内部では”shock and awe”(衝撃{しょうげき}と畏怖)の戦略として知られている。大半のFedの高官たちは長期金利を引き下げ、経済を活気付ける助けとなると信じている。

Fedの内部での好まれ始めてきている別の手段で、より少額の購入をある短い期間にすると発表し、それ以上必要であるか窓口を開いて置き、経済がどのように向かっているか決断する。その方法で不信な経済の回復により柔軟性をもうける。

Fedと外部のほとんどのエコノミストたちが、すべてではないが、短期金利をゼロに近いところまで引き下げた後、債券を購入する、量的緩和する決断がこれ以上深まるリセッションを防ぐ助けとなると信じている。

Fedが債券購入を再開することは大きな決断である、それは数ヶ月前にはどうやってポートフォリオを縮小するか話し合っていた。巨額の債券購入を再開する仕方の決断で、もしそれをすると決断したら、Fedはすでに低い長期金利を引き下げる潜在的利益とリスクの両方を考慮している、もし経済が反発しインフレが加速したら、特に金融市場の針路を反転する能力と望みの信頼性について。

Fedの高官たちは、Fedが投資家にこれ以上の行動を起こすという考えから断念させることはほとんどしていない。Fed議長Bernankeは先週経済の回復に不満であることを強調し、経済は十分な勢いがなく高い失業の水準を引き下げるのに十分ではないと言っている。

市場はFedが引き金を引くと予測している、経済に驚きの転換がなければ。Goldman SachsはFedが少なくとも追加で$1兆の証券購入することになるだろうと予している、そして長期金利を追加で25Bps引き下げるだろうと見ている。

一番のこの小出し政策の提案者、James Bullard、20年のFedベテラン、2008年からセントルイスFed、はこの手段を真剣に考慮するように同僚に説得することに進展が見られた。『衝撃{しょうげき}と畏怖”shock and awe”の戦略はマネタリー政策を行ううえで最高の策ではない』と彼は言う。『極端な状況を除いてはそれは正しい方法とは思えない。』

小規模の政策では、Bullardは言う、Fedは債券購入にいくつかのターゲットを発表する、例えば、1カ月$100Blnずつ。それから継続してぼ行動が必要であるかおののおののFOMC会議で決断を下す。

最高の継続できる雇用とインフレターゲットに向けて進展があったかに基づいて継続していくべきか決めるとBullardは言う。

多くの未解決の問題がある。一つは規模である。Bullardは1年に$1兆以上の購入をすると言う考えは私に休止をさせる、なぜなら、それが今年発行する債券のネットであるからで、言い換えるとFedがそれをすべて融資することになる。そしてその他に、Fedが失業率、インフレ、他の測定値の動きにこれ以上の行動を結びつけるかという疑問がある。

Bullardはワシントンの4人のFed知事とFedの12地区銀行の中の投票件を待つメンバーで、彼はここ数ヶ月間この政策をFedの政策に持ち込むよう議論してきた。しかし経済が今年の夏に衰えを見せてきてから他の高官たちに注目され始めてきた。

Fedは一つの問題だけを考えているわけではない、何人かの高官たちは債券こうにゅうを再開することをためらっている、経済の”fine tune”微調整するために。

小規模の政策は高官たちの中では妥協の道であるかもしれない。『FOMCの中で追加の緩和が必要であると言うことに不一致ある上で、ある柔軟性を持つことは選択に重要である。』

Goldmanのエコノミストは制約のない、小規模政策が巨額の一度限りの政策より債券市場により衝撃を与えないだろうと予測する。それは投資家がそのプログラム継続されるのか確かでないからである。『最初により多くの巨額の金額を約束すれば、より大きな効果が得られる』とGoldmanのチーフエコノミストは言う。

Fedはすでに短期金利をゼロに引き下げた、理論的に、長期債を購入することは他の金利を引き下げることになるなぜなら投資家に有効な債券の供給を削減するからである。

Fedは3月に$1.7兆のモーゲージとTreasuryの購入を実施した。NY Fedのリサーチャーはそのプログラムで長期金利を0.3%から1%引き下げたと推測する。

Fedは8月に新規の購入に傾いた、その時は保有している証券の水準を一定に保つために償還したモーゲージを入れ替えTreasury を購入すると言った。

広告