FedのLockhart:マネタリー政策決定のジレンマが迫ってきている

投稿者: whitegru3

The Approaching Monetary Policy Decision Dilemma

アトランタFed総裁Lockhartから:

これから数週間のうちにマネタリー政策者たちは経済の状況を改善するために何か出来るであろういう質問に真剣に取り組まなければいけない。もしそうであれば、どのような手段であるか。弱い経済回復、持続する失業、危険に低いインフレーション、そしてゼロをひくい境目にする政策金利(近代のマネタリー政策の主要な道具)が難しい分析に見合す。

もしFedによって行動が起こされれば、政策金利は実用的な目的でこれ以上下げられないため、バランス・シートの規模を拡大することが明らかな選択である。バランスシートの拡大は第2弾の資産購入で(多分T-BillとNotes)新たに作成された紙幣で支払われ実施されるだろう。この政策の専門用語は「量的緩和QE」でこれからのこの手段の見通しはQE2として照会される。

それが成功するか?そしてどれでけやることによって違いが出るか?私の考えでは、これらの極めて重要な疑問の意見一致が一緒にならなければいけない、そして私は今今日ここではどの姿勢もとらない。数週間先に私と私の役員たちが重要な決断を提供するためにこれらとこれら関連する疑問に取り組んで行く。

私は経済政策の真相がどのように展開していくかはいえない。しかし私が確証できるのはFedは経済回復の進路を影響する今以上の作用域(Scope)を持っている。そして重要なことは、私はFedと委員会は行動する意思を持っていると信じる-又は行動しない-近い将来の経済状況に応じて。

Lockhart総裁は今年FOMCの投票メンバーではない、しかしコンセンサスは11月初期にQE2実施に傾いてきているようである。

広告