FedのRosengren:Fedは『活気よく、創造的に、思慮深く、頑固に』反応しなければいけない

投稿者: whitegru3

今日はFedのスピーチである!ボストンFed総裁Eric Rosengrenは現在FOMCの投票権を持っているメンバーである。

How Should Monetary Policy Respond to a Slow Recovery?

マネタリー政策は弱い経済回復にどのように答えるべきか?

私はこの話し合いを『マネタリー政策は弱い経済回復にどのように答えるべきか?』と呼ぶ。私のこの質問への答えは:活気よく、創造的に、思慮深く、頑固に(vigorously, creatively, thoughtfully, and persistently)、あくまで自由にできる選択あれば。そしてわれわれは選択がある、短期金利をゼロの下限い押し下げても。

失業状況:

一番直近のリセッションは少数の業界で転位の反映がかなり少ないが、ほとんどすべての業界で一般的な減少が表れている。このリセッションではピークから底まで建築業界、製造業界、小売業界、卸売業界、運輸業界、情報技術業界、金融業界、プロフェナル・ビジネス・サービス業界で雇用が5%以上減少した。私は、これはそのドライバーは雇用のミスマッチが増えている

経済での構成変更であることは思わない-それでもそれが存在するとことは疑いないが-その代わりにほとんどの業界での需要の広範囲に渡る減少であると私は見る。

QE2について:

さてFedのTreasuryの購入についていくつかの観測を提示したい。

最初に、プラスの要因:長期さの購入はTreasury Bondの長期金利を押し下げるかもしれないが、更に他の長期証券の金利を下げるかもしれない。一部の人たちは、Treasury金利をこれ以上引き下げることは難しいと議論する。しかしFigure 13が注目するように、重要点で、米国Treasury金利はまだゼロの下限を上回っている、およそドイツの金利と同水準である。そして日本の長期水準をはるかに上回っている。

X Figure 13:
Yields on 10-Year Government Bonds in Germany, Japan, and the United States

January 2000 – August 2010

Source: Deutsche Bundesbank, Financial Times, United States Treasury / Haver Analytics

さて次に心配である:Treasuryの購入はクレジットを直接分配しない利点があるが、民間投資支出により直接影響する民間借り入れ金利には間接的に影響する不利な点がある。追加でTreasuryの購入はFedが連邦政府の債務を紙幣化するという意向があるという不安が持ち上がる、財政政策の融資にマネタリーセ策を使うということ。私は、われわれがそれをすることを望んでいる又はする意向がないことを確信する。

資産購入が経済に影響を及ぼす事でより低い長期金利は主要な手段の可能性である上で、Treasury又はモーゲージ・バック証券の購入はFedのバランス・シートを拡大し、金融システムの準備金の額を増やす。この準備金の拡張は、Fedがディス・インフレーションの圧力を削減する決断の注目店で効果的なシグナルの役目を果たすかもしれない。

確かに、証券購入の見通しはポリシー・メーカーとあらゆる種類の観察筋の中では異なっている。私はこの証券購入の目的を堅く守ることが重要である:それは長期金利をそれがいるべきである水準に一貫した水準に引き下げることによって経済に刺激を与える、FFレートを削減することができるか

そして完結:

経済は成長している。現在伸びが遅すぎて失業率をかなり下げるにいたらず、又は経済に残る高度のスラックによって作られるディスインフレーション圧力を食い止めることができない。その反面、短期金利がゼロの境目に近づいてきて。経済を刺激するのに一番効果的な方法は財政政策であるが、一般的ではないマネタリー政策が追加の政策の選択を提供した。もちろんポリシー・メーカーたちは異例のマネタリー政策のコストと利益を気をつけて測る必要がある。-そのうちいくつかは私は今日分かち会おうとした。それでも全体として私の確固たる見方は完全雇用、適切なインフレ水準、を妥当な時間枠の中で達成することに一貫している政策をポリシーメーカーが実施ことを受け入れることが重要である。

広告