FED: Philly Fed Pres Plosser(タカ派/2011年FOMCの投票権を持つ

投稿者: whitegru3

フィラデルフィアFed総裁Plosser(タカ派、2011年にFOMCの投票権)が量的緩和に対して反対の論を唱える。

Fedは十分やった、マネタリー政策は雇用を微調整するためには設計されていない、それに雇用市場に見られる地理的、部門ごと又は技術のミスマッチなどを解決するためのものではない。経済回復はやってきている、彼はデフレーションは予測していない。失業状態には心配しているがFedは何もできない。『私の考えでは、Fedがどれだけの追加の資産購入が必要であるか見つけるのは大変難しい、たとえ、長期金利を10~20Bps下げても、近い将来での雇用の見通しには影響ないだろう。近い将来の失業率の経路を直接影響させるためにマネタリー政策立案者たちが行動を取るシグナルを送ることは、そしてそれらの行動が巨大な効果をもたらさず、それがFedの信頼をを傷つけ、それが将来の行動の有効性を蝕む可能性がある。

広告