WSJ: 3人のFedの高官、3つの異なった意見

投稿者: whitegru3

WSJから(Jon Hilsenrath)Three Fed Officials, Three Divergent Views

今日出てきた3人のFedの高官は経済に異なった見方を持っていた、そしてFedが長期金利を下げ経済を刺激するためにもっとTreasury債を購入しすべきであるか(これは量的緩和として知られている)

2人の高官たち、ミネアポリスFedのNarayana Kocherlakota総裁とボストンFedのEric Rosengrenは経済見通しの薄暗い評価をしている。Kocherlakota総裁は、彼の成長フォーキャストを下方修正した。これが残りのFedの先行指数になる可能性がある。一人のFedの高官、フィラデルフィアFedのCharles Plosser総裁は経済に全面的に悲観的ではなかった。しかし決して強気でもない。

3人すべてFedが経済成長を援助するためにこれ以上動くべきであるかどうか異なっていた。Kocherlakota総裁の議論は特に興味深い。彼はこれ以上の行動にには懐疑的だが、彼の薄暗いフォーキャストは明らかにFedの選択をじっと見つめている。

ハト派:ボストンFedのEric Rosengren総裁、はFedは経済をサポートするためにもっと実行するべきであると今まで一番強く主張する。:『わたしはこの話し合いを”どのようにしてマネタリー政策が弱い経済回復に答えるべきであるか?”と呼ぶ。私の答えはvigorously, creatively, thoughtfully, and persistently(活気よく、創造的に、思慮深く、頑固に)あくまで自由にできる選択あれば。そしてわれわれは選択がある、短期金利をゼロの下限い押し下げても。

タカ派:フィラデルフィアFed総裁Plosserはこれ以上の実施はサポートしない。『私の考えでは、Fedがどれだけの追加の資産購入が必要であるか見つけるのは大変難しい、たとえ、長期金利を10~20Bps下げても、近い将来での雇用の見通しには影響ないだろう。近い将来の失業率の経路を直接影響させるためにマネタリー政策立案者たちが行動を取るシグナルを送ることは、そしてそれらの行動が巨大な効果をもたらさず、それがFedの信頼をを傷つけ、それが将来の行動の有効性を蝕む可能性がある。更にそれが公共にFedが赤字をマネタイズしようとしている信じ込ませるように導くリスクがある。そして時が来たときに通常の政策に戻ることがより困難になる。』

中立派:ミネアポリスFed総裁Narayana Kocherlakotaは、偏見のない態度で意見を受け入れる。:『8月27日のBernanke議長のスピーチで、これらのおのおのの手段はメリットと欠点がお互いに均等されなければいけない。量的緩和で、複数の影響が分析を普通より難しくする。』

経済について

ハト派:『2010年の初期に失業率は9.7%だった。経済回復は弱くなり、失業率を削減するのに限られた過程にしかならないという一貫した見方があった。4月までは雇用市場の傾向についてのフォーキャストはより楽観的になっていった、その時から、失業状況のフォーキャストは上昇さえれてきている。残念ながら、わたしはこれらのフォーキャストに現れる見方に同意する-失業率は年の初めの高い水準に近い水準に止まるだろう』

タカ派:『経済が強まり企業は経済回復は維持できると確信してきている、雇用採用は今年の残りと2011年に伸びてくる。しかしそれは雇用市場を苦しめている部門別、地域別、技術不均等に取り組むまでにはまだ時間がかかる。』

中立派:『われわれは直近でわれわれのミネアポリスのフォーキャストモデルから将来の成長の予測を改定した。われわれの9月の予測は明らかに8月の予測より低い。私は今は2010年第2四半期のGDP成長2.4%を予測し2011年は2.5%。2010年と2011年をあわせて、私はGDPが1年で2.5%の伸びになると予測する。そのに対してわたしの7ヶ月前のスピーチで、わたしはGDPは2010年と2011年に3.0%成長するだろうと予測していた。米国内で経済回復はやってきている。しかしそれは極めて穏やかなものである-そして今年の初旬にわたしが予測していたよりもっと穏やかな回復である。

広告