アロガリズムのトレーディングはどうやってしくじったのか?

投稿者: whitegru3

WSJからHow a Trading Algorithm Went Awry

5月6日のフラッシュ・クラッシュの原因についての待ちに待ったレポートは、相場が分裂し壊れやすくたった一つの大きな取引が株価を急降下させたことを描いていた。

金曜日に連邦監督機関から発表されたこのレポートは市場の多くが予測していたよりより深く投資信託会社によるひとつの取引が相場の急落に重要な影響与える要因となったことを突き止めた。

監督機関は、カンサス州Overland Parkに本社を置くWaddell & Reed Financial Inc.が、その取引に詳しい人たちによると、コンピュータープログラムを使って大口の先物売り注文を出すことを選び、それが基本的に市場に有効な買い注文を消滅させた。

Waddellのスポークスマンは、その会社は5月に発表した、その取引を通じて相場を混乱させる意向はなかったと言う声明以上のコメントを出すことは拒否した。

SECとCFTCの役員に用意された104ページレポートは、ハイフレイークエンシートレーダーたちがすばやくこの投資信託の売りの衝撃を拡大させたと言う。

その他の点で、レポートには12のハイ・フリークエンシートレーディング会社のうち6社が株価が暴落し初めても相場に残った。しかしそれらの会社が相場からかなりの購買力を取り去った。その上、レオーにはデータの遅れの衝撃を軽視しているそしていくつかの取引所間の連結の閉鎖、それがSECが直接監督しているものである。

このレポートでは政策提案言をすることはされていないが、SECと他の監督機関が市場の内破のためにどのような法律を準備するかだけ簡単に触れていた。5月6日かr、SECは個別銘柄の株を急激な値動き又は特定の制限の割合以上動く事を防ぐ取引を一時的に停止させることを設計した法をテストしている。

エイジェンシー・ブローカーのThemis Trading、Joe Saluzziは同じような暴落を防ぐ方法への提案より大口の取引への狭い焦点に失望した。「5ヵ月後にわかったすべてのことは、15分の取引の分析」「もしこれが再び起きれば、解決するのにもう5ヶ月かかる」

このレポートにはフラッシュ・クラッシュの背景が5月6日は「非常に荒れ狂った日」と説明されて、相場は欧州債危機にかき乱された。2時30PMまでに、ETダウジョーンズ平均はおよそ267ポイント下落した。

2時32分PMに、Waddell &ReedのトレーダーがS&P株式インデックスの動きに連動するE-ミニ先物の大口売り注文を入力した。この種類のトレードはWaddellにとって異例ではなかった、その時で$25Bln近くの資金を運用していた、それには人気のIvy Asset Strategy Fundが含まれていた。そのファンドストラテジーの一部で、この会社は時々、広域市場が下落することに賭けをし個別銘柄に対してヘッジをする。

さらに、異例ではないのは、Waddellはで人間の取引の入れ替え又は異なった変動値を基に売買することを設計したアロガリズムの取引として知られるコンピュータープログラムを使った取引を導入していた。一般にトレーダーたちは取引高、価格変化、取引を執行する時間枠を考えてアロガリズムを選ぶ。

しかしWaddellのデスクは取引高の9%までの範囲のペースで7万5千E-ミニ先物を売用に設計されたアロガリズムを選んだ-他の要因を考慮せずに。このレポートには、同じような取引が2010年の初期は5時間かかってされていたかを説明していた、しかし場合では、Waddellはたった20分で市場に流した。

Waddellの取引は先物市場を打撃した、その共同レポートによると、買い手にはハイ・フリークエンシートレーディング会社が含まれていたと言う。ハイ・フリークエンシートレーディング会社の重要な特色は彼らは取引をすばやく抜け出せる。2:41までに、Waddellから購入したE-ミニ先物に積極的な売りが見られていた、それはまだ残りの分を必死に売ろうとしていた。

その半面で、長期保有投資化はこの急落で相場には参入していなかった。

「ハイ・フリークエンシートレーディングがすばやく買い始めた、そしてそれはお互いで再度売る-同じポジションがすばやく売りと買いで受け渡され問題な出来高の効果を生んだ。」ある時点で、ハイ・フリークエンシートレーディングは14秒間に2万7千コントラクト以上の取引をした。-巨大な出来高である。

Waddellのアロガリズムは株価がさらに急降下しても売りのペースを出来高を伴い増えていった。Waddell、ハイ・フリークエンシートレーディング、その他のよる売りのこのフィードバックの輪がE-ミニ先物の価格をわずか4分間で3%引き下げる助けをした。

このレポートによると、今回のレポートの重要なレッスンのエピソードとして:「特にボレティリティーが高い時期に、高い取引の出来高は相場の流動性の信頼できる指標とはいえない」

CFTCの高官は、取引の執行は「不運」だった言い、「事実、そのE-ミニ先物流動性腐食の結果となった。」それは他の市場参加者によって増悪されたと言った。その高官はフラッシュ・クラッシュがそのトレードなしで防げたかは明らかではないと言った。

CME Group、先物運営取引所は、大口のE-ミニ取引に注目していることに疑問を示した。「私が思っているそのレポートはゆがんで間違っている、なぜならそれはその取引について話しすぎている、しかしそれを読めば、われわれの市場は働いていた。」とCME所長Leo Melamed氏は言った。

先物市場の売りから個別株の市場に流れ込んだ。そして状況が悪化して、相場の流動性が消え去り、それはほとんどの会社が使用する相場とペースをあわせるための自動システムが価格が急落し始めると一時停止した。

全面的に、このれポートはハイ・フリークエンシートレーディング会社の微妙な差異を明らかにする全体像の役目を画いていた。それらのうちいくつかはその日の相場から手を引いていたことを認めた。

5月6日から、監督機関は、これらの超活発なトレーダーたちが危機の最中に取引を保持する義務があるべきか疑問に思ってきた。

金曜日のレポートでは12の大手ハイ・フリークエンシートレーディング会社のうち、6社がその日の午後の急落のある部分で取引を縮小していた。

追加でいくつかの会社が相場から手を引き、その残りがその急落時に「積極的に売りを増していた。」

レポートにはWaddellとハイ・フリークエンシートレーダーの役割が注目されているが、SECが監督下を置く取引所には甘かった。

レポートには、NYSEの電子トレーディングArcaからのデータの遅れは、あるトレーダーたちに取引を一時停止するか縮小するかの決断に影響を及ぼしたと言う。「ゆっくり又はいくつかの株取引を電子から場立ちに変更するというNYSEの決断はオーダー経路選択でそれほどの難題の原因とはならなかった。しかし参加者たちを驚かせ取引を停止又は相場から脱出する決断へ導いた。

そしてNasdaq OMX Group,NYSE Arcaと通り抜ける、はNYSEオペレーションの不安に答え効果的にオーダーの経路選択が異常な取引について不安を加えた。

しかし、これらの事件のすべてがフラッシュ・クラッシュの主要な役目をしたわけではない結論を出している。

NYSE EuronextとNasdaqの代表者たちはこのレポートについての詳細について議論することは拒否している。NYSEのスポークスマンは5月6日の事件を理解することが重要なステップ、市場を改善するための概要の挑戦、そして取り引きを停止する同時取引所の規制の直近の提案の改善の証拠とマーケットメーカーの義務を述べていた。

広告