Fedはもっと明確な回答に重視する

投稿者: whitegru3

Fed weighs a more focused response

Fedが経済を増強させるためにどのような手段を取るか、注目はFedが特定の資金の金額で経済に送り込むために巨額の債券を購入するかどうかである。しかし中央銀行のエコノミストが調査しているもうひとつの選択でほとんど注目されていないものがある。ただ単にそれを実施するために声明を発表し、たとえば、何の根拠もなく$500Blnで債券を購入すると言う代わりに、Fedはある特定の金利水準をターゲットにすると発表しTreasury債を購入すしそうすれば金利はその水準に到達する。

たとえば。Fedが3年債の利回りを現在0.56%の代わりに0.25%を目標にすると発表するとすると、Fedはそのターゲット水準に達するまでに必要な金額のどれだけでもTreasury Noteを購入する。

それが広い範囲にわたる借用者たちにとって金利を引き下げ経済を助けることになるだろう、それにはモーゲージを借り入れる一般人たちと債券を使って融資で拡大使用としている企業が含まれる。これはFedのBernanke議長が2002年のスピーチで支持していた戦略で、その時彼はFedの総裁で、米国が日本型のデフレーションに落ち込まないように中銀が確認する政策を調査していた時である。

そのような戦略は他の選択と比べより”more direct”(直接的)であると説明され、そしてBernanke議長は2002年に「私が個人的に好む、Fedは「長期償還Treasury 債の明確な上限を発表し始めることができる。(債券で2年以内に償還するものなど)Fedはこれらの金利上限をターゲット金利に一致した価格で2年までの償還物を無制限に購入することを制約して行使できる」

そしてBerankeは付け加えて「もし比較的短期のTreasury債で運用することが十分でなければ、Fedは長期の償還物のTreasury の金利の上限を定めることを試すことが可能である、3年から6年物。」

上位Fed高官の中で明らかに経済成長を強化させる新しい行動をとる動きがある、多分11月2日~3日で。しかしFedの経済を運営する通常の道具-短期金利のターゲット-はすでにゼロに近いので、正確などのような新たな手段をとるのかは広範囲にわたり不確定である。上位の中銀の高官たちは-それと多くの役員のエコノミストたちは-これらの選択を分析するために多くの時間を費やしている。

2009年に、Fedはマネーサプライを拡大するために$1.75兆の資産を購入することを発表し経済をサポートした、それからゆっくり時間をかけその購入を実施した;Fedは同じ様なことを再びする可能性がある。最近賛成派が増えている2つ目のアプローチはより少ない額の購入が発表され、それからFedの政策会議ごとにその必要性について再検討する、これは経済状況の進行に柔軟性をつける。

3つ目の選択、Treasury の金利にターゲットを設定する、これはコストとその可能性においての利益の両方を持つ。

ひとつの長所はただ単に公式の金利ターゲットを発表するだけでただ単に市場の力を通じて金利をFedのゴールにすばやく合流させ導くことができる。もしそれが起きれば、Fedは他の手段を使って経済を強化させるのと同じだけの新しい紙幣を印刷する必要がないかもしれない。、その上、2年~3年債の金利をターゲットにすることがFedの理論にかなった継続する経済を管理する通常の道具であるとみられている、それは短期金利をターゲットにする。

「それがより普通の運営の手段にFedを戻すだろう、そこでは何千億ドルもの特定の数字よりレートを設定する」と元FedのエコノミストでPeterson Institute for International Economics上級研究員Joseph Gagnon氏は言う。彼はFedga4年Treasury債のレートを0.25%に設定するべきである支持する。

しかしコストもある。ひとつに、市場がどのように反応するか、Fedはそのターゲットを達成するまで巨額の金を配備することになるかもしれない、それで将来いつかに経済の足元が強まった時に脱出することが困難になるかもしれない。

それに加え、Fedと他の中銀は債券購入の計画を発表する事とオーバーナイトの貸付レートを設定することは経験があるが、長期金利にターゲットをつける事はまだ試されていない戦略方法がどのような影響を導くか予測するの難しい。

「われわれはマネタリー政策の実験的過程である。」とAmerican Enterprise Instituteの研修学者のJohn Makin氏は言う。「これらは大変いい考えであるが、何が一番うまく働く実際の経験がない。」

広告