失業期間

投稿者: whitegru3

この下のグラフは一般労働力人口に値する失業期間のグラフです。失業者は4つの部門に分けられる:5週間以下、6~14週間、15~26週間、そして27週間以上。

労働省は15週間以上の数字を発表する、それで15~26週間が計算される。

2010年9月には、27週間以上の失業者の数は8月の624万9千人から減少し612万3千人(季節調整後)となった。どうやら長期失業者の数はピークを打ったようだ。しかしまだこれらの人々が仕事を探すのは大変難しいーそしてこれは大変深刻な雇用問題である。

5~14週間の部門は9月に下落したが、5週間以下の部門は継続して増えている。そして現在この部門は2010年1月以来の最高水準に達した。

5週間以下の部門は労働市場の回転率がどのように変わったか現している。70年代と80年代には労働市場の回転率がもっとあった。そしてその追加された回転率が現在より80年初期に失業率が高かった主要な理由である。

注意:これらの数字は季節調整された数字であるがこれらはすべてを足して失業率を計算することはできない。

広告