NFIB(全米独立企業連盟):小企業若干若干悲観的ではなくなる、採用計画弱まる

投稿者: whitegru3

NFIB

小企業楽観指数は9月に0.2ポイント上昇し89.0となった。上昇は明らかに大きなものではないが少なくとも下落はしなかった。指数はまだリセッション境域にある。経済停滞は公式で終了したものの小企業の事業主はその証拠がほとんど見られていない。

雇用:

11%(季節調整後)の求人が満たされず残った、8月から変わらずで、過去の記録でもかなり弱い数字である。翌3ヶ月で、8%が雇用を増加する計画を立てている(変わらず)、そして16%が労働力を削減する計画を立てている(3ポイント上昇)、これから季節調整語ネットで3%に事業主が新採用を計画していることになる、これは8月から4ポイント下落になった。採用計画の下落は雇用作成の見通しで予想外の逆転になった。採用計画は前回のリセッションに続いて回復が標準より低い伸びになっている

資本支出:

資本支出の環境はよくない。。。。ネットで3%がビジネス環境が翌6ヶ月に改善すると予測している、8月からは5ポイントの改善だが、まだより多くの事業主たちが経済が強くなるより弱くなると予測している。

 

小企業は全体の経済より不動産と小売業に関連する企業の占める割合が多い。

広告