Fedの議長は日本の歴史から学ぶ事を適応して設定する

投稿者: whitegru3

Fed Chief Gets Set to Apply Lessons of Japan\’s History(Jon Hilsenrath)

1990年代にBen Bernanke議長は日本の官僚たちが経済を正しく管理していなかったということを演説した。

今日、東京の経済問題はFedの議長にとって学問以上のもである。それらが彼が見つめている、何が米国での長くて遅い経済の成長、高い失業率、インフレの下落が自国の状況の窓口である。

Bernanke議長は金曜日に重要になりうる政策のスピーチを準備している。 ボストンFed主催低インフレ環境でのマネタリー政策についての会議で、その時にFedの次の行動の彼が考えている詳細を出してくる可能性がある。その会議は1999年の会議の時のようにBernankeと他の学者たちが日本の官僚立ちが経済に活気をつけることに失敗したと言っていた。

日本についてのBernankeの初期の書き物に埋もれて、Fedは今日の遅い経済回復にFedの対処を形付けていくかヒントとなる。

ちょうど数ヶ月前、Fedの高官たちは低金利政策をどのように脱出するかに焦点を置いていた。今では彼らは経済成長を支持するためにもっとしなければい姿勢に置き換えている。

そのリストの優先度の高い選択:長期金利を引き下げためにTreasury 債を購入するプログラムを再開し成長を促進させる、それでも何人かの同僚中では強い反対派がいる。Fedの高官たちはデフレーションを防ぐためにどのように決意を明らかにするかを討論している、価格の下落は、エコノミストたちはインフレより衰弱させる。これがもっとインフレーションを呼びかける居心地の悪い状況に置く仕事となる。

9月の政策会議での多くのFedの高官たちは、もし経済成長が伸びずインフレが低くとどまれば、「追加のマネタリー政策を用意するのが適切である」と昨日発表された議事録には書いてあった。

Bernanke議長の使命は、一部は米国が日本によって踏みならされた道から外れるようにすることである、しかし彼が海外の官僚たちにアドバイスをしている時よりより難しいことであると承認する。

日本の株式市場は1989年にピークをつけた、そして不動産バブルがその2年後にはじけた。それから、日本の成長は年率平均でわずか0.7%である。その国家債務は国家生産高の200%以上に急騰した。そして過去10年の内7年で消費者物価は下落。

日銀が1999年から短期金利をほぼゼロ近くに保って、そして国債と短期社債の購入のようなその他の刺激策をしてもこのすべてが起きた。

「わたしはFOMCの会議で一度コメントとした時のことを覚えている、これはわたしが他の人たちをその仕方をアドバイスしてやるほうが自分時自身でやるより簡単なようだ。」と先月Fedの副議長を退職したDonald Kohnは言う。このコメントは他の高官たちに神経質な苦笑いで受けとめられたと彼は覚えている。

Kohn氏は日本から2つのレッスンを勉強したと言う。経済下降の初期段階で刺激策を提供することに積極的になることと、それをすぐに取り消すこと事を避ける。

BernakeがFed議長になる前に、Bernankeは日本の官僚たちがその経済を不景気から活気つけるために十分していないと議論する米国の学者の仲間を率いた。1999年書き物には、Bernankeは日本の官僚たちに、日本の国の困難は自国の自ら導いた麻痺お結果であると強く非難した。日本のデフレーションへの対処は、彼は型にはまらず具体的に罪に問い、迷い、一定でないそして警戒しすぎである。

Bernankeは個人的に他の人たちにその時の攻撃のトーンに後悔していると言った。しかし彼が取得したレッスンは経済に対するFedの対処を形付ける役割をし、数週間先の決断の型をつける。

Bernankeは日本に、もっとインフレが出てくるまで金利を低く保つことを決意をするべきであると勧めた、そして彼はと財政政策立案者が消費者需要を促進するために減税で資金を調達した金を使うことを理解することと一緒に債券を購入することのような斬新な考えを主張していた。

米国経済と日本の間の類似点は完璧ではない。日本は高齢者が多く、収益の少ない銀行はすばやく資本が取得できなかった、又は不動産バブルがはじけてから監督機関からの注目が厳しかった、低い雇用市場の回転率と多くの業界が国際競争から保護されていた。

他の違いは:日本は輸出大国で、米国は純輸入大国である。日本は世界中に多額の債務は持っていなかった、米国がそうであるように;そして日本の貯蓄率は高い、よって赤字は国内でまかなわれていた。日本は何年にも渡りデフレーションを経験している、米国は近代ではそれはまだない。

しかし2つの国の類似点は目を見張るものがある。両方の国は金融システムをひどく痛めた株式と不動産市場のバブルの崩壊を経験した。日本の1990年代初期と米国の2007年と2008年。両方の国は失業率が上昇し経済の中で不況が起きた。

両方の国は巨額の財政赤字を増やし、金利をゼロに押し下げた。両方の国は国際貿易で取引される重要な通貨を持ちバブルが破裂してから極端に弱くはなっていない。言い換えると、その輸出は急増しなかった、小規模の経済諸国では金融危機の後そのようなことが起きていた。

Bernankeの日本の官僚たちとの最初の重要な出会いは1999年だった。消費者物価が下落し始めていた、そして日銀はすでに短期金利をゼロ近くに押し下げていた。

価格の下落しているということは実質金利ー名目金利からインフレを引いたものーは上昇していた。一般世帯とビジネスの借金、言い換えると、支払いがより難しくなってきていた。官僚たちは中央銀行がもしするのであれば、他に何をすべきか困惑していた。

JGBを購入することができると学者は言ったー資金注入手段で今では量的緩和と呼び名がつく。しかしMOF(財務省)から独立を得るだけで、日銀の高官たちは政府に資金を調達することを始める事にはためらいがあった。そして債券を購入することは中央銀行にとってもし民間の投資家たちがその投資を減らしていくと多額の損失を生むことになる。

ボストンFedの主催での会議で、10月に日銀の政策メンバーの植田和夫氏は主として米国の観衆に警告を出した:「ゼロ金利の状況に自分を持っていくな」「それは思っているよりかなり苦痛になるだろう」

Bernankeはこう反論した、日本の政策立案者たちは米国が1930年代に犯したと同じ極端な政策の間違えを犯しているかもしれない。ーデフレーションを逆転するために臆病すぎている。数週間後に猛烈なリサーチ・ペーパーで、たとえ従来の手段が使い果たされても、日本にとって消費者需要、ビジネス支出と価格を促進させることができることがたくさんある。と書いてあった。

彼の提案の中には:為替市場で円を売り安くすること;減税の資金調達をするために財務省から長期国債を購入する、これはヘリコプターから紙幣をばらまくとちょうど似たようなこと。

その時のひとつの異議は、日本の経済問題は中央銀行による刺激策の少なすぎの結果ではないが日本の銀行システムの構造問題と産業界の保護である。

Bernankeは、構造問題は消費者需要とビジネス支出を引き上げるための方法を見つける必要性は否定しない。と言った。

「日本のマネタリー政策は麻痺しているようだ。大体が自ら導いた麻痺である」「一番驚いたことは金融当局が実験することにあきあらかに望んでいない、完全に働くと保証すなければ何もしない。」

Bernankeは特に日本の浮かび上がってきたデフレーションに問題を抱えた。日銀の高官たちは公共の期待に積極的取り組まなければいけない、なぜなら一般世帯とビジネスにデフレーションが持続しないことを納得させることが経済活動を活性化する助けになる。とBernenkeは議論する。

Bernankeは、日本の中央銀行はインフレーションを高くするための決意をしそれが上昇するまで緩和政策保つ必要があったと感じた。彼の提案の中に日銀は公然にインフレーション・ターゲットの3~4%を取り入れるべきであると申し出た。

元日銀高官の翁 邦雄氏のリサーチは学者たちに非難され、そのような政策に関連するリスクに注目しなかったと言う。

2000年初期のFedの総裁の時に、米国失業率が上昇しインフレの好ましくない下落の最中、BrnankeはFedの金利を低く維持することに賛成した。「日本の痛々しい経験」がFedをデフレーションに立ち向かうために先制攻撃の決断をすることに導いた。Bernake議長は今年初期にそう言った。

Bernankeと他の学者たちは、日本は2000年に経済が回復しかけたと見られてきた時に、利上げをしたのは早すぎたと感じた。Bernankeは新たな考えがあった。2003年の5月のスピーチで提案した日本は価格水準ターゲット(”price-level target.”と呼ばれるものを取り入れるべきであった。

インフレーションターゲットで、中央銀行は、たとえば毎年1%のインフレーションを目標にすることになる、その前の年に何がおきようと関係ない。価格ー水準ターゲットで、それが前に起きたことに反応する。もし物価インデックスが1年で1%の成長を下回ると、中央銀行は取り戻しにかかる、次により高いインフレーションをターゲットとする。。日本では、リフレーション政策と呼ばれる。

この手段で、日本の借用者たちを高い実質金利からの圧力を和らげることになると彼は言った、そしてデフレーション期待感を取り消す助けとなる。やりすぎでインフレーションが急騰するリスクはあったがそれは試す価値はあったと彼は言った。

米国中銀は同じ様な価格ー水準ターゲットの手段を今日考慮すべきであると、2人の総裁NY Fed総裁DudleyとシカゴFed総裁Evansは過去数週間前に言っていた。この考えはFedの前回の会議で持ち上がっていたと火曜日に発表された議事録に出ている。

日本の経験には難問が残る。日本の政策立案者たちは長い間米国の学者たちが昇進した考えを試した、金利をゼロに引き下げ、デフレーションが逆転するまでそこの水準に維持することを決意した。最終的に日銀は量的緩和を試した、ローン証券、その他の資産の保有高を2001年と2006年に42%増やした。

一時の間、政策が働いているように見られた。日本の年率成長率は2204年から2007年に2.4%となった。消費者価格の長期続く下落は和らいできた兆しが見られた。しかし2008年のグローバル・リセッションがやってきて、日本の経済は2009年に5.2%収縮しデフレーションが戻ってきた。

「どのモデルも日本の問題の持続の度合いを予測できたものはないだろう」NYUの教授Mark Gertler氏は言う。

日本のデフレーションはすべてのミステリーの中で一番深い物となった。エコノミストたちは小さいデフレーションがこれまでのより危険な急降下となると予測した:消費者物価が下落し実質の金利が上昇する負担がより悪化し銀行の融資に悪影響を及ぼし、一般世帯とビジネスはより深く経済に落ちこぼれる、世界大恐慌の時のように。

デフレーションの心理について心配で、1年目のデフレーションが翌年のもっと期待を固めていく。しかしそのようには働かなかった、急降下と言うよりかは、日本のデフレーションは年1%近辺の状態になっている。それはひどくはなっていないがそれは予測していたよりかなり長い間続いている。エコノミストたちの統計には、将来デフレーションは実際には入り込んではいなかった。

2003年から2008年の日銀総裁の福井俊彥氏はBernankeが推奨するいくつかの緩和政策を取り入れ、「Fed議長は日本に批判的だが正直である」と言った。福井氏の今日のBernankeへのアドバイスはBernankeが一度彼に与えたのと同じ 「決断力を持て」である。“Have a decisive mind.”

 

 

広告