Ceridian Pulse of Commerce Index(PCI)

投稿者: whitegru3

Ceridian-USLA Pulse of Commerce Index

UCLA Anderson School of Managementによって発表されたCeridian-UCLA Pulse of Commerce Index(PCI)は8月に1.0%下落後9月にも0.5%下落した。(季節調整後)https://hsano.files.wordpress.com/2010/10/ceridian2010-10.png?w=300

PCIは米国工場、小売業、消費者への商品の流れのリアルタイムの測定である。この指標が2009年1月から初めて2ヶ月連続で下落した。その上、2010年8月と9月をまとめて2009年1月と2月のリセッション時から最悪の2ヶ月連続の下落となった。

この下落は、2010年5月にPCIがピークをつけてから商品、原材料、中間財、完成品の路上での動きの増加なしまたは制限されることを示唆している。更にPCIは2010年の第3四半期のGDP成長率を無気力な0.7%から1.7%の伸びを予測すし、先月PCIのフォーキャストは1.5%から2.5%を出していた。このPCIのフォーキャストの月次鉱工業生産は(今月末に発表予定)9月には伸び率なしに近い数字になると予測、マイナスの数字の可能性もあるという。

「PCIは全米の大道りで在庫が動かなくなるといっている。経済成長良い月は今ではもう過ぎてしまったようだ。」とUCLA AndersonのPCIエコノミストED Leamer氏は言う。「われわれの経済は勢いを失い、警戒すべきで、2番底の凶事の予言者はGDPのこの先の下落と失業率の上昇が前兆となるかもしれない。しかし住宅投資、消費者耐久財、ビジネス支出、とその他の構成指標はすでにGDPに比較して記録的に低い水準に来ているが、リセッションに向けて直減していく可能性はないだろう」

PCIのチーフエコノミストEd Leamer氏とCeridianのCraig Manson氏は経済が指標内の活動で2ヶ月連続停滞したことを指摘し:第3四半期GDPのPCIベースのフォーキャストと9月鉱工業生産が新安値で経済は勢いを失った。

広告