FedのLacker:インフレーションは今はターゲット

投稿者: whitegru3

Economic Outlook, October 2010

インフレーションは今ではターゲットである、あくまで私が考える上では。過去12ヶ月で個人消費支出(PCE)の物価指数は1.5%上昇した、これは過去6年間に私が推奨しているのとまったくの同水準である。われわれは更にコアの物価指数の記録を追っている、これは値動きが激しい食品と燃料価格を除いたものである、そしてそれも同じ情報が得られている、過去12ヶ月で1.4%の上昇をした。私は、われわれの経済繁栄にFedが最高の貢献を出来ることはインフレを減愛の1.5%に近い安定な水準に保つことであると信じている。しかしインフレーションは今年下落してきた、それと全体のインフレーションは年率で0.7%しか上昇していない、これは私としては低すぎる。これらのインフレーションの数字はたびたび強すぎたり、弱すぎたりその時に数ヶ月続く事を私は指摘する、そのためエコノミストたちは私が指摘した12ヶ月間の数字に注目する。私は、インフレーションの数字が好ましくない低い水準に低迷するとは納得できない。それよりも、民間のインフレの期待値はそれほど低い水準ではない;確かに最新のミシガン大学からの統計は、民間の短期インフレーション期待値が2.2%である。よって私はデフレーションの物質的リスクは見えないーそれは価格水準の単刀直入の下落のことである。

 

Lackerのこの他のスピーチの中で高い失業率の3つの可能性ある原因を述べているー技術のミスマッチ、延長福祉、政府政策に関連する不透明感などをあげているが一番の理由。。。全体の需要の不足を除いている?

インフレーションについては、コアCPI(労働統計局から)は過去12ヶ月で1.0%上昇し、クリーブランドFedからのメディアンCPI(中間値)は過去1年でわずか0.5%ーよってインフレーションはLackerのターゲットを下回っている可能性が強い。

現在LackerはFOMCの投票権を持っていない。

広告