FedのRosengren:デフレーションのリスクを防ぐ手段を取ることが重要

投稿者: whitegru3

Revisiting Monetary Policy in a Low Inflation Environment

低いインフレーション環境でのマネタリー政策を再検討。Rosengren総裁は日本の経験と1999年のボストンFed会議での低いインフレーション環境でのマネタリー政策について復習した。

政策の視点から、私は日本の経験からいくつかのレッスンを学ぶ。最初に、もしデフレーションが起きれば、それを切り抜けるにはかなり困難にな可能性がある。2つ目に、デフレーションのリスクを防ぐ手段を取るほうがそれが起きるまで待ってそれに取り組むより安くすむ。最後に、財政的に壊れやすい経済は早まった緊縮政策からのマイナスの衝撃には特に不安定になるかもしれない。

そして:

マネタリー政策と財政政策を徐々に調整していく政策、日本で最初にデフレーションが発生した時に実施された、は効果的でないかもしれない、デフレーションが経済に深く浸透する前に取る機敏な政策の対応としては。もちろん、それは入力されるデータとその時の状況によるべきである。

Rosengren総裁はFedのLarge Scale Asset Purchase(LSAP:巨額資産購入)の政策経路について話している。彼の考えではいくつかの経路がある。

LSAP経路

  • LSAPは長期金利を成功裏に削減できる
  • 資産の相互関係が他のレートを引き下げる意味を持つ。
  • レートを低く保つ意向のシグナルを出すことで中期Treasuryが動いた
  • 為替レートの経路が重要かもしれない
  • 貸付の経路-市場にアクセスを持つ企業が銀行を離れ、銀行にもっと許容量を提供する事に注目

Rosegren総裁は現在FOMCの投票メンバーである。

広告