FedのDudley:300万の過剰空き住宅

投稿者: whitegru3

NY FedのWilliam Dudley総裁:地区経済と住宅更新情報

住宅市場の遅い回復を考えて見よう。住宅市場活動-新築建設と販売-は両方とも落ち込んでままでいる。建築の方は、総合住宅着工件数が直近の月に年でちょうど60万件(季節調整済み)。これは2009年第1四半期の底53万件からは増えてきたが、過去50年間で基準からはかなり低いところにある。事実、新築建設の割合が非常に低く最近では米国住宅在庫のネットの増加がほとんどない。

非常に少ない住宅が建てられているひとつの理由は多くの中古住宅が空き家のままでいるからである。われわれは、普通よりおよそ300万空き住宅が存在すると推定する。そして毎日より多くの空き家が加わっている、フォークロジャーの手続きが住宅を一般家族からモーゲージ貸付業者に動かしている。この空き家の住宅の在庫は、より少ないフォークロジャーが行われより多くのこれらの住宅が売却されるか賃貸に出されれば、縮小するだろう。

販売側では、たとえ低いモーゲージ・レートと下落している住宅価格が過去40年間で住宅購入の値ごろ感を最高水準に押し上げても、現在の販売ペースには活気がない。住宅販売への障害にはきつい貸付基準、弱い雇用市場、将来の住宅価格への経由に関する継続する不信。2006年から2008年の間に起きた住宅価格の大幅下落も重要である。この下落が住宅保有者が自分の家にもっていた資産の額を削減し、人々により良い家に買い換えるための資金を準備することが難しくなった。

追加で、住宅価格の急落が多くの家族をモーゲージ支払いの滞納のリスクに追いやり、そして最終的に家をフォークロジャーで失ってしまう。より安い住宅価格で、多くの家族が今では自分たちの家の価値よりより多くのモーゲージを借金している。言い換えると、彼らは借り換えは出来ない、又はもし彼らが失業や深刻な病のような財政危機にあるなら簡単には家を売却することができない。最近のフォークロジャーの進展はミックスである。RealtyTracの発表で、9月には米国でフォクロジャーの完了は初めて10万件を超えた、ほとんどの州ではフォクロジャーの時間のかかる手続きであるということを覚えておくことは重要である。われわれのデータによると、直近の四半期で、借用者はモーゲージの支払いに遅れ率が減ってきいる、よってより少ない一般世帯が現在はフォークロジャーの過程に入っている。同時に、大手金融業者が住宅を差し押さえたその手続きに深刻な問題がると認知し、新規フォークロジャーの一時停止を発表した。すべてをまとめると、これらの進展は、住宅市場の状況はまだ予知できる将来では不明確であると示唆する。

広告