Bernankeの漸進主義(ミニチュア・ゴルフ)

投稿者: whitegru3

FRBは来週にゆっくり時間をかけて調整が可能な小規模の購入で構成された新規債券購入プログラムを発表するかもしれない、このアプローチは、2009年に実施された「衝撃と畏怖(FRB内部では2003年のイラク戦争の作戦名にちなんでこう呼んでいる)」様式は避け。今回は慎重な戦略で経済回復のペースともう一段の購入に乗り出すコストへの不安を考慮している。

Fed内での最新のアプローチを理解するために、2004年頃Bernankeによって説明されたように、エコノミストWilliam Brainard氏(1967頃)を見てみることができる。それでももう一つFed議長の初期の時期にスピーチも今日のガイダンスに役に立つものがある。

ただ単に漸進主義(Gradulism)とタイトルがつけられ、元総裁の時、Bernankeは政策立案者のためにその結果について確かではない時に

ゆっくりと慎重に動く場合の時の説明をした。彼はYale大学のエコノミストBrainardによって書かれた有名な1967年の記事を指摘した。彼は、ポリシーメーカーが政策の行動が経済に与える影響が確かでない時に、その行動の結果が与える正確な認識を持つより政策をより慎重に、小幅に調整することが適切であるかもしれない。

それから彼はミニチュアゴルフの話に入る。

『あなたがミニチュアゴルフ・トーナメントでゴルフをしていると想像してみよう、そして最終ホールに近づいてきている。そのホールをある適度の回数で終了することができればあなたはトーナメントに優勝できる。しかし、理由ははっきり説明はしないが、あなたはなれないパターを使ってプレーしている、それによりその一打がどれくらい強くどれだけの距離をバールが飛ぶか確かでない。このトーナメントで勝つために確立を最大限にするにはどのようにプレーすべきであるか?

『この状況で最高の戦略と納得できるいくつかの考えは控えめにいくべきである。特に、あなたのパターにたいするボールの反応の不確かが、あなたはなれないパターがどのようにボールに反応するか正確にわかっているよりやわらかくバールを打つべきであることをほのめかす。この控えめなアプローチはあなたの最初の一打がホールにとどかない可能性が高い。しかしこれにかかるコストは予想していたよりパターが強すぎリスクに対しての保護の重要な利益と相殺される、よって強すぎるあなたの通常の一打がバールをホールをかなり越えてしまう。もしあなたがどうしようもない悪い一打を避けられればあなたはトーナメントに勝つことが予測されるため、あなたのアプローチは一連の短いショットでホールに近づく(ゴルフの愛好者に言わせるとlagged putts(遅動パット)というらしい)

Bernankeは自由時間を野球を見て過ごす傾向がある、ゴルフではない、よって彼にクレジットをあげるべきだ。

漸進主義の変わりは, そのとき彼は言った、“cold turkey”ぶっきらぼうな行動になるだろう。しかしそれがリスクを運びポリシーメーカーは後にひどく不正確であると解明された情報に答えるために強い手段を取ることになる。とBernankeは言った。

小さい手段を取ることはポリシーメーカーにそれらの行動の影響を評価し、多分どれくらい大きな政策変更が最終的に必要になってくるかの見通しを改善する。ゴルフの例えで、控えめな強さで数回打つことによって不慣れなパターの弾力性を学ぶことができるかもしれないそしてそれからそれに続く一打の正確さを改善する。

もちろん、Bernanke漸進主義の長時間に及ぶ討論は中銀のバンカーがFFレートを上下に動かし世界に出てきた。しかしその骨組みが今日の世界に適応されなければいけない。よって数ヶ月のうちにもっとゴルフの引用が出てくるので準備しておこう。

広告