107ヶ月が銀行の住宅未処理在庫を取り除くのにかかる

投稿者: whitegru3

何ヶ月が現在の銀行とシャドーインベントリー(影に隠れている在庫)の差し押さえられた住宅を売却をするのにかかるのだろうか。銀行が差し押さえた住宅の巨大な積み重なりは減少していないように見える。これは将来の住宅市場にとって問題の種である。

4月に戻って、銀行の未処理在庫に座っているすべての差し押さえられた住宅と、住宅保有者で少なくとも2回のモーゲージの支払いをミスしフォクロジャーの手続きにある住宅のシャドーインベントリーも含めて集計したところ、現在の販売レートから、すべてを取り去るために103ヶ月かかった。

過去6ヶ月で、その数字は確かに上昇した。銀行はそのシャドーインベントリー(影の在庫)を減少することに取り組んだが、しかし多くが差し押さえの住宅の保有をする事となった。9月に、銀行はおよそ99万4千件の差し押さえ物件を保有していた、前年からは21%増えていた。シャドー在庫は520万件、前年と比べ7%減少。総合計で107か月分の在庫となる。

この数字は4月の分析とは比較が正確にできない、それはデータの提供者が変わったからである。在庫のデータは現在RealtyTracから取得され、シャドーインベントリーの数字はLPS Applied Analyticsからで、販売のデータはCoreLogicからである。しかしどのように考えて住宅市場はおよそ9年間のフォークロジャーの2日酔いに面している。

夏の間、銀行は前進したように見受けられた。政府のモーゲージ修正プログラムがいく人かの人々を支払いを現在に戻しフォクロジャーの過程から取り除く助けをした。同時に、住宅保有者の税金控除が住宅販売を促進した。実質とシャドー在庫をあわせて5月には91か月分減少した。

最近、それでも、新たな滞納の波が押し寄せてきている、それは政府の修正プログラムの失敗の高い率に関連している。9月におよそ190万の住宅保有者がモーゲージの支払いをミスした。3月からは14%上昇している。その間、政府の刺激策が終了し住宅販売は急減した。

最近のフォークロジャーの書類の問題が住宅市場への住宅の流れを一時的和らげ価格を上昇させるかもしれないと住宅保有者たちは正当に期待していいかもしれない。これまでに、それでもこれが起きていない;住宅市場のコンサルタント会社Zelman & Associatesによると銀行は9月より10月には差し押さえた住宅が15%増えたと言う。

広告