エコノミストの反応:経済成長はまだ低すぎる

投稿者: whitegru3

  • 実質GDPはまだ前周期ピークを0.8%を下回っている、それは11四半期前の話である。そのような結果は以前の周期動向と比べるとかなり悪い。他の直近のリセッション(1970年代から)は、実質GDPは通常今では前回のピークを6%上回っている。消費、住宅、商業用不動産、そして州と地方政府の支出が通常より弱いことが過去と比較して乏しい実績のしゅな要因である。(Jay Feldman, Credit Suisse)
  • 普通の周期反発が起きている明らかな兆候がない。何が前向きに見て重要になってくるかはもし経済が2%の実質成長率を維持するなら、消費者が大変重要である。抑圧されたビジネス支出が使われ、そのようにして政府セクターもだ、そして弱いドルが商品の流れが調整される前に貿易赤字がが悪化する。幸運にも、解雇の不安が和らぎ、株式市場の上昇が消費者を支出させるの十分であった-それなりに。経済回復を軌道に乗せる高額の商品、住宅や自動車のようなものではない、一般世帯はまだそれらのようなものを購入するには借金が多すぎて、失業している、しかし現在の四半期の最低2%の成長率をで経済が拡大をひじすることでその他の商品に支払いのは十分(Steven Blitz, ITG Investment Research)
  • 消費者支出が第3四半期の伸びの大半を提供した。2.6%の伸び。大いにバック・ツー・スクールの支出傾向で。耐久財の消費は6.1%伸びた。3四半期連続でこの部門は強い伸びを見せている。それでも喜ぶには及ばない。消費者の話は単純なものである:消費の理由を与えれば、使う。よく話題にはならないが、理由はセール又hその他の価格引下げで、それは消費者商品とサービスのデフレーション傾向を示す(Guy LeBas, Janney Montgomery Scott)
  • 消費者支出は第2四半期と同じ様なペースで広い範囲に渡り伸びた、資本支出はかなり伸びが衰えた、住宅市場は第2四半期に税金控除により強化したが急落した、海外貿易は前四半期と比べ成長からより差し引きが少なかった(しかし一般に予想していたより多かった)、第3四半期に連邦政府が再び成長の資源となり、総合政府支出は成長に同じ様な貢献をした、そして在庫は第2四半期より成長にかなり貢献した(それは少なくとも一部は自主的で最近記録されたより高い輸入高の鏡に映されたのと同じである)(Joshua Shapiro, MFR Inc.)
  • 全面的に、個人消費の伸びの強いペース、構築物投資の回復、それでもまだ強いビジネス支出と強い輸入が国内需要をの改善を指摘しているが、今日のレポートは引き続き活気のない経済回復の背景を描きポリシーメーカーに失業率を下げインフレを増強するためにこの先の政策に踏み切る事をより確信させた。(Peter Newland, Barclays Capital)
  • 米国経済回復は継続するが、経済成長は労働市場を大きく改善するにはまだ弱すぎる。成長の伸びの多くが政府の刺激策支出と在庫の積み上げから来ている。心配はこれらの援助が終わりを向かえ、消費者とビジネスからの需要は経済回復を維持するには弱すぎるということである。(Augustine Faucher, Moody’s Economy.com)
  • 輸出の伸びが予想より低く、その反面輸入は予想を上回った、純輸出高はGDPにとって再び大きく足を引っ張ることになった、1984年の第1四半期以来GDPから差し引く額が第2番目に大きかった。もしわれわれが輸入商品から国内で生産された商品へ消費を変更することが出来るなら、われわれの経済問題のたくさんをなんらか緩和するすることができるだろう。
  • 実質国内需要は第2四半期の5.1%の成長に続き3.9%成長した。しかし実質輸入の伸びはとてつもなく大きい第2四半期の33.5%から17.4%となった、そしてこの貿易”妨げ”が成長を遅らせた。この結果過去2四半期の国内需要の成長は1948年以来の広い差でGDPを上回った。(RDQ Economics)
  • ビジネス支出は、特に設備とソフトウェアで、異例な不透明感が企業に見送れせる姿勢に指摘した。なるだろう巨額の在庫の積み上げは、私たちの考えではこの先将来での在庫過剰を示して、それがビジネスが支出を抑え経済成長が進む妨げになるだろう。(David Semmens, Standard Chartered Bank)
広告