住宅投資はGDPのしめる割合で過去最低となった

投稿者: whitegru3

住宅投資は新築一世帯住宅、複合世帯住宅、家の修繕、不動産ブローカーの手数料、そして残り少数の項目からなる。

住宅投資がGDPに占める割合が戦後で最低の2.22%となった。

そしてある人はこのセクターがGDPの2.2%であることがどうしてそんなに重要なことなのかたずねる?

その答えは通常住宅投資は経済回復の最初の年に雇用とGDPの成長の大きな割合を占めるからで、今回はそうではない。

広告