10月31日からの週のスケジュール

投稿者: whitegru3

待ちに待った第2弾FRB量的緩和(QE2)が水曜日の2:15PMに発表される。重要な経済指標は金曜日の10月雇用統計である。

*****月曜日、11月1日*****

8:30AM(EST):個人所得・消費(9月)コンセンサスはそれぞれ0.3%上昇と0.4%上昇でコアPCE価格インデックスが0.1%上昇となっている。

10:00AM:ISM製造業インデックス(10月)コンセンサスは54.5で9月は54.4だった。

10:00AM:建築業支出(9月)コンセンサスは0.5%下落

*****火曜日、11月2日*****

10:00AM:第3四半期住宅空き家・住宅保有が国政調査局から発表される。2010年第2四半期に、このレポートは住宅保有率が1999年以来の低い水準に下落したと出ている。(2010年第2四半期:66.9%)住宅保有と賃貸の空き家率は過剰住宅物の数の手がかりを提供する。(注意:このデータは限られた数の統計で住宅在庫の推測である)

多分:10月個人倒産申請件数が発表されるだろう。

*****水曜日、11月3日*****

7:00AM:MBAがモーゲージ購買申請件数を発表

8:15AM:ADP雇用レポート(10月)このレポートは民間の雇用者数で、コンセンサスは+2万でまだ弱いが9月の3万9千人の減少よりは改善している。

1日中:小型乗用車販売(10月)、10月に季節調整済み年率で9月の1176万台から1200万台への増加が見込まれている。これが正しければ、2年間で思考の水準に達する(2009年8月のCash-for-Clunkersを除いて)

10:00AM:製造業出荷、在庫、受注(9月)コンセンサスは受注が1.8%増加、そして重要なのは在庫の積み上げと在庫・売り上げレシオ。

10:00AM:非製造業ISMインデックス(10月)コンセンサスは9月の53.2から54.0へ上昇。

2:15PM:FOMC声明発表

*****木曜日、11月4日*****

8:30AM:新規失業者保険申請件数、コンセンサスは先週の43万4千件から44万5千件へ増加。

8:30AM:生産性・コスト(第3四半期:速報値)コンセンサスは単位労働コストが0.2%増加。

*****金曜日、11月5日*****

8:30AM:雇用統計(10月)コンセンサスは6万人増加、失業率は9.6%で変わらず

10:00AM:中古住宅販売保留(9月)コンセンサスは契約のサインが3%増加、通常45~60日間で契約が閉じる、それで11月に閉じる初期の指標となる。

3:00PM消費者クレジット残高(9月)コンセンサスは$3Blnの減少

広告