Ceridian-UCLA: ディーゼル燃料インデックスは10月の下落、弱いホリデーシーズンの兆候

投稿者: whitegru3

UCLA AndersonのフォーキャストとCeridian企業インデックスはリアルタイムのディーゼル燃料の消費を使ったデータを発表:

Pulse of Commerce Index

上のグラフは1999年1月からである。

この指標は比較的新しく、リアルタイムで過去データがあまりないが、このデータから経済回復は5月から一時休止していることを示唆している。

路上トラック輸送での下落が弱いホリデーシーズンの兆候を現している。と直近のCeridian-UCLA Pulse of commerce Indexから出ている。

Ceridian-UCLA Pulse of commerce Indexは米国工場、小売業、消費者への商品の流れのリアルタイムの測定で、10月に0.6%下落し、9月にも0.5%下落し、8月も1.0%下落していた。3ヶ月連続の下落は米国がまだリセッションにどっぷりつかっていた2009年1月以来初めてである。月次の10月の下落の軌道は、通常は米国トラック産業ではピークを迎える月だが、今年のホリデーシーズンに向けて失望的な兆候かもしれない、小売業は将来の売り上げ見通しに用心深くなっていることを指摘している。

「10月のデータは第4四半期に向けて下向きの基調で始まった。10月は特にホリデーシーズンの警報として重要である。」とUCLAのチーフPCIエコノミストEd Leamer氏は言う。

「われわれは経済回復に”待った”がかかった」「5月のピークをつけてから、トラック産業は8.3%減少、不幸にも

 

続く。

広告