アイルランド パート6

投稿者: whitegru3

昨日の午後にアイルランド10年債に利回りは9%近くとなった;メルケル首相が彼女の債券のヘアーカットについて硬い誓いを再確認した。

Merkel refuses to back down over debt burden

韓国のソウルからで、G20のサミットに参加中、メルケル首相は彼女の要求が市場を憤怒させたことは認識したが、ソブリン救済のコストために納税者たちに負担させるのは公平ではない「簡単に説明しよう:この件に関して金融界と政治界の利益に不両立があるかもしれない」とメルケル女史は言った。

「われわれは継続して投票者たちにどうして納税者がある特定のリスクを負担するのか、そしてそれらのリスクをとることで多額の金を儲けた人たちにではなく、説明することはできない。」

そしてChristine Lagardeも猛然とこれに取り掛かり、ポルトガルとスペインの発生期の感染の兆候にもかかわらずPortuguese, Irish Debt Lead Peripheral Drop on Budget Concern

フランス財務相Christine Lagarde女史は昨日、投資家はソブリン債を保護するためのコストを負担しなければいけない。ドイツBundsは安全な資産として需要が伸びた、その間ポルトガルは初期の損失からは取り戻し、イタリア債は下落。

「Lagard女史のコメントには再構成(リストラ)が述べられていた、そしてそれが棺おけにもうひとつの釘である。」周辺諸国の債券への、とHSBC Holdingの債券リサーチのSteven Major氏は言う。「現在まで再構成は起こる可能性があると認識していないまだ大きな投資家と支持者の数がある。」

 

広告