Q&A: 失業保険の延長

投稿者: whitegru3

連邦政府から出される失業保険は11月30日で切れる予定になっている。

下記の質疑応答は期限が切れたらどのように失業者と経済に影響するかである。

Q:失業保険はどれくらい長く続く?

A:今年の初めに、議会は連邦政府に援助された99週間の失業保険に承諾した。-これは通常の州から出される26週間に73週間が加えられたものである。その期間は州によってさまざまである、それはその地域の失業状況がどれだけ悪いかによる。その7月に延長された連邦政府が援助した追加の73週間が11月30日に期限切れとなる。そのプログラムは延長されたが、その99週間の上限は残った、そして追加延長のためのほとんどの提案はその上限に達した人たちの期間を伸ばす物にはならない。それは99週間以下で失業している人たちだけに保険を保つだけでである。

Q:もし連邦政府プログラムの期限が切れると現在失業保険を受け取っていた人たちはどうなるのだろうか?

A:現在失業保険は3つの主要な段階がある。州の失業保険、連邦緊急失業保険報酬と州-連邦の合同失業保険延長。基本の州の失業保険は通常26週間で今回の期限切れには影響はない。この期限が切れると、EUC(連邦政府緊急失業保険)が4つの段階で提供する。第一段階(20週間)と第2段階(14週間)はすべての州で有効である。第3段階(13週間)と第4段階(6週間)は失業率が高い州で有効である。47州とワシントンDCはの第3段階が適応され、25週とワシントンDCが第4段階が認められている。EUC(連邦政府緊急失業保険)の期限が切れると、いくつかの州はこの時点で失業保険の延長を提供する。11月30日に延長が切れると、EUCの失業保険に連結する新たな段階は提供されない。もし誰かがこの段階のどれかの失業保険受け取っているなら、その規約の期間だけ継続して支払われる。よってもし誰かが段階1の15週にいたとすると、この人は20週目に到達するまで失業保険を取得する事ができるが、この時点で第2段階に進むことができない。11月30日以降にその段階の規約の終了に達したら、合同州-連邦延長失業保険に動かされるか又は失業保険の取得から取り除かれる。州は個人別に延長の失業保険を提供する人を選択しその期間は13週か20週である。現在35州とワシントンDCがこの失業保険を提供している。しかしこれらの延長失業保険は100%が連邦政府援助であるから、いちどその資金の期限が切れると数字が減少する。今年の夏、失業保険の期限が切れで、わずか11州が26週間以上の失業保険の延長を提供していた。労働省は、もし議会がこのプログラムの資金援助の継続を廃止するとわずか10州だけが失業保険延長を提供することになるだろうと見ている。ほとんどの州で、失業者たちは26週以上の失業保険取得の資格がない。

Q:何人の人たちが連邦政府プログラムの期限切れに影響を受けるか?

A:労働省によると、870万人の人が10月30日までの週で州又は連邦政府失業保険を受け取っていた。その延長が切れると、およそ80万人がほとんどすぐにその延長から取り除かれ、その数は時間がたつにつれ増えていく。労働省の推測では12月の末には200万人の人が失業保険を失うことになるだろうと言う。

Q:これから先に延長があるだろうか?

A:答えは明らかではない。過去のリセッションで、失業保険の延長は失業率が7.5%以下に下落するまで継続された。これは10月に発表された9.6%からはかなり遠い。別に、Goldman SachsのエコノミストAlec Phillipsの分析によると、失業保険はリセッションで失業率の天井に達した後平均23ヶ月延長された。一番最近のリセッションでの失業率の天井は2009年10月の10.1%で13ヶ月前である。しかし過去のリセッションの失業保険延長は失業率の天井近から始まっていた。政府が提供する失業保険延長の総合期間の平均は過去3回のリセッションで29ヶ月だった。失業保険の延長は今回の労働市場の低迷で28ヶ月間有効となってきた。その間、議会では延長について意見が分かれていた。下院の民主党支持法案は木曜日に2月までの延長の申請に敗れた。共和党は財政赤字に追加されるという理由で失業保険の延長に反対し、不安が中間選挙後により目立ってきている。その費用をどこか他で削減するか刺激策で残っている資金使うことで相殺という呼びかけがある、それは民主党が強く反対している。もし承諾がされても、11月30日前の失業保険期限切れ前に出てくる可能性は少ない、言い換えるとある人たちは失業保険の支払いの一時的期限切れに会うということである。

広告