アイルランド:銀行取り付け騒動と救済

投稿者: whitegru3

Irish Timesから:AIBはアイルランドの負債不安から€13Blnの預かり金を失う

AIBは今年初めからおよそ€13Blnの預かりを失った、それは政府と銀行システムの金融困難についての不安が理由となったとその銀行は昨日の声明で発表した。

€12Bln近くの失った預かりは引き出しからだった。ほとんどが機関投資家と企業の預金で6月の待つからである。

これは預かりのおよそ17%である。

そして救済についてBloombergから:アイルランドの救済計画についての話し合いは、銀行が預かり金を失い、高まる、Cowen は運動を起こす。Irish Talks Intensify as Banks Lose Deposits, Cowen Campaigns

アイルランドの官僚と、EUとIMFからの専門家たちはダブリンで週末を通して働いている、圧力の中で市場が暴落する前に行動を起こし救済承諾を終了させるために急いでいる。

。。。IMFの最高取締役Dominique Strauss-Kahnは、欧州はギリシャで始まったソブリン債危機を解消するために動きが遅すぎる。

アイルランド政府は来週のの火曜日に4年経済計画を発表する予定である、そして政府はその計画発表後に公式に援助を提出すると予測される。重要な問題はもしEUとIMFがその計画に承認するかまたはついかの手段が必要になるか。。。12.5%の企業税を引き上げるなど。

アイルランドの後、ポルトガルとスペインの債券利回りを見る必要がある。多くのアナリストたちはポルトガルが次の救済になるだろうと予測するそして大きな疑問はスペインである。

CNBCからNouriel Roubiniからのコメントが出ている:Roubini Maps Out Nightmare Scenario of Domino Debt Collapse in Europe

「次に待っているのはポルトガル、ポルトガルの負債問題の苛酷さで、ポルトガルは市場のアクセスを失うだろう、そしてそれはIMFの援助が必要になるだろうという意味

しかし本当の悪夢の将棋倒しはスペインである。Roubiniは、スペイン負債問題を”the elephant in the room”(誰もが認識しているが話したくない重要な問題)と参照している。

「スペインを囲いをつけることができる。そして基本的に公式にアイルランド、ポルトガル、ギリシャへ資金調達を3年間することがためされる。それらを市場から除き、多分それらの負債をそのうち再構成する。」

「しかしもしスペインが崖から落ちると、スペインを救うための欧州の資源の限界の中では十分な公式資金がない。スペインは一面で破綻するには大きすぎ-そして救済するにも大きすぎる。

広告