11月21日の週スケジュール

投稿者: whitegru3

今週は感謝際を含んだ週だホリデーウィークであるがたくさんの経済指標が発表される。重要な指標は中古住宅販売(火曜日)と新築住宅販売(水曜日)である。

*****月曜日、11月22日*****

8:30:シカゴFed National Activity Index(10月)これは他のデータの総合指数である。

9:00:CoreLogic Shadow インベントリーデータ(2010年8月)このレポートから現在売りに出されていない物件の数で、それはかなり深刻に滞納している(90日以上)、フォークロジャーにいる、又は金融会社によって差し押さえられた物件の数である。

午前中に:Moody’s/REAL 商業用物件価格インデックス(CPPI)9月

1:30:ミネアポリスFed総裁Kocherlakotaが「マネタリー政策、労働市場、と不透明感」についてSioux Falls Rotary Clubで話す

*****火曜日、11月23日*****

8:30:第3四半期GDP(改定値)これは第3四半期の第2回目改定値でコンセンサスは実質GDPが速報値の予想2.0%から年率2.4%へ修正されるだろうと見ている。

8;30:企業収益、2010年第3四半期(仮推測)

10:00:中古住宅販売(10月)、コンセンサスは季節調整済み年率10月450万件の販売で、9月の453万件からは変わらず、販売高に追加で、在庫水準と販売ペース月次住宅供給が重要で(販売ペース月次住宅供給が価格影響するから)、販売ペース月次住宅供給は多分10月にはまだ2桁だろう。

10:00:リッチモンドFed製造業活動サーベイ(10月)コンセンサスは5(若干の拡大)、先月と変わらず。

10:00:労働統計局から地区別・州雇用・失業レポート(10月)を発表。

2:00PM:FOMC議事録(11月2~3日分)QE2について興味深い点があるかもしれない)

*****水曜日、11月24日*****

7:00:MBAがモーゲージ購買申請件数インデックス発表される、この指標は税金控除の期限切れ以来急落し、過去数ヶ月で若干の改善した。これから年末までを通じて住宅販売はかなり弱くなるだろうと予測できる。

8:30:個人所得・支出(10月)、コンセンサスは所得が0.4%上昇で、支出が0.5、コアPCE価格インデックスは0.1%上昇。

8:30:新規失業保険申請件数は先週若干の増加で43万9千件へし、今週は43万5千件へ下落。

8:30:10月耐久財受注、コンセンサスは9月に3.3%増加後0.1%の増加が予測。

9:55:ロイター・ミシガン大学消費者センチメントインデックス(11月最終値)

10:00:新築住宅販売(10月)、コンセンサスは9月30万7千件から10月に31万4千件への増加が予測されている。新築住宅販売は5月に急落し過去5ヶ月に平均で29万4千件(季節調整済み年率)。過去5ヶ月前の前回過去最低が1981年9月の33万8千件だった。

10:00:FHFA住宅価格インデックス(9月)これはGSEの繰り返し販売でCase-ShillerとCoreLogicのような一般に注目されている数字ではない。

11:00:カンサスシティFed製造業サーベイ*(11月)10月は10だった。

*****木曜日、11月25日*****

感謝祭

 

 

広告