シャドウ・インベントリー(影に隠れている在庫)

投稿者: whitegru3

今日の朝、CoreLogicが2010年8月のシャドウ・インベントリーのレポートを発表する。このレポートには、90日以上滞納している、フォクロジャー、REOの物件で現在売りに出されていない数の推測が出される。明らかに家が売りに出されていなければ、それはすでに「目に見える在庫」でシャドウ・インベントリーとして数えられない。

CoreLogicはそれで、このシャドウ・インベントリー又は「保留在庫」を8月に目に見える在庫、全米不動産業界が発表した410万件と販売ペース12か月分のサプライに加える。

この用語「シャドウ・インエbントリー」は多くの異なった違った方法で使用される。ひとつは、住宅物件で市場に現在売りに出されている(掲示されていない)がたぶんすぐに売りに出されるだろうと言うものでこれには:

  • REO、フォークロジャーの過程に入っていている、深刻なローンの不履行のある割合。これがCoreLogicが推測する数字である。
  • 売りに出されていない新しい高層コンドミニアム、これには高層コンドミニアムで最終的には売却目的の賃貸されている物件。注意:これらの物件は新築住宅在庫に含まれてはおらず、CoreLogicのレポートにも含まれてはいない。全米全体のまとまった多数字がなく市ごとに数えていかなければいけない。(ラスベガスとマイアミはこのような物件がたくさんある。)
  • 住宅保有者で住宅市場の改善を待って、これには「思いがけなく大家になってしまった」、この人たちは物件を賃貸していて、現在の賃貸人の契約が切れた後に市場が改善したらすぐに売却しようとしている。

予想ではCoreLogicは保留の在庫は150~200万件があると発表してくるだろう、そしてあわせた販売ペース1か月分の供給の上層がわかる。それでもCoreLogicのレポートは将来の在庫をするのに役に立つが、住宅価格に影響を及ぼすのは目に見えている在庫である。

広告